くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏は海(山陰本線)  

今年も開催 鐡樂者展8/18〜9/1



皆さん、こんばんは。
午後からは陽射しも強くなり、今後の暑熱が思いやられます。
夏、と聞けば、海だったあの頃。息子が幼かった頃までは海に行ったのに。
もう、20年以上も海で泳いだことがありません。
もっとも、タバコを容器に入れ、缶ビールを持って防波堤まで泳いで
一服して戻ってくるっ、てのを繰り返していたのが晩年の泳ぎだったような……

夏は海(山陰本線)
海の画を探しました。復活蒸機では内房の画しかなく、現役を辿っていくと
39年前の山陰本線がヒットした次第です。惣郷川橋梁に行ったのはこのときだけ。
もっと引けばよかった、だなんてのは後の祭りであります。

続く熱帯夜、迫り来る猛暑日、くれぐれもご自愛くださいませね。

※あっ、今日のネタは「貴重な現役カラー画」ですので拍手やポチを是非ともお願い!(枯渇寸前ですものねっ)

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1974年8月22日 山陰本線 宇田郷―須佐
Nikomat-FT 35mm f3.5 PLfilter Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

今日は、10年くらい前によく通った中華屋さんに立ち寄ってみました。
77歳になった親父さん、厭な顔もせず当時のメニューを出してくれましたよ。
関連記事
コメント

こんばんは。

山陰線、青い海と青い空8月後半この時期になると海は、くらげが出て
泳ぐのが難しくなってきます。
でも、山陰方面は、そんな事なかったような気がします。

山陰の萩方面、今回の大雨で被害が出たようです。
この辺りは、大丈夫だったのでしょうね。

(^o^)

EXTRA #UYfCdQ96 | URL
2013/08/01 22:34 | edit

くろくま様 宇田郷のコンクリ-ト橋梁は餘部と並んで当時から人気がありましたよね。 自分も49/8に九州撮影行のついでに2日寄っただけなので、梅ヶ峠・特牛・三保三隅・折居辺りしか周れませんでした。SLダイヤ情報にM澤さんが山陰線の撮影記事を書いていたのを想い出しました。 海が綺麗だったのと山口県のガ-ドレ-ルが山吹色だったのを記憶しています。
 本日 地元では氷川の杜の神事で神輿の渡御 威勢が好かったなぁ・・・
20時頃自宅に戻り野球観戦をしていたら、甲子園でグランドスラムを観る事が出来ました。長男の母校は決勝でコテンパンに負けて、そこそこ勝ち上がる次男の母校はまさかの初戦敗退、今年も甲子園にjは縁が無いなぁと思っていたら
次男の後輩からメ-ルで写真甲子園に出場との事、早速HPを確認した次男曰く『画の質が変わったなぁですって』 顧問が元鉄だって事もあり、次男が在学中に自分たちの写真集寄贈した事がありましたっけ・・・ 自分は甲子園も職業野球も夢の中でしか出場が叶わず、Mさん入場行進が羨ましい限りです。
 その甲子園で繰り広げられた職業野球初の先発年齢差最大対決 双方投手に星は付きませんでしたが、8/1で生誕89歳ですって。
神奈川の190校以上もさることながら埼玉も156校の予選参加、に比べて鳥取県の25校と言うのは一校の格差たるや凄いもんですね。 くろくまさんはいつもラガ-さんですけど、甲子園のラガ-さんに逢えるのは.春・夏の風物詩を感じますよ。

 子供の頃の海水浴は『♪長生きしたけりゃ チョイとおいで・・・チョチョンのパ・・・』船橋ヘルスセンタ-か谷津遊園が多かったです。 双方現存してはいないだろうなぁ・・・ヘルスは ららぽ-とだったかな
 プロダクトAの太巻マジックでは普通にやって普通に売れるものは創れないのかぁ・・・
 讀賣にもマジックの季節が・・・GのOBが国民栄誉賞だったから今年は完全優勝狙っているんだろうなぁ CSまでに戦力が戻ればなぁ虎の次辺りが・・・

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2013/08/02 01:01 | edit

清々しい空と海の青さですね!
集中豪雨に見舞われた山陰方面も雨が上がって
こんな空が広がっているのでしょうかね。
この清々しさの心と笑顔が被災された皆さんに一日も早く
戻られることを祈るばかりですね。

凄く清々しい画を撮ってみたい心境に駆られてますが
心淀むひぐまには無理だろうなぁ…

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2013/08/02 19:10 | edit

惣郷川橋梁のKII、抜群ですね。
カマは長工っぽい集煙載せて重油タンクがないですから、612号機あたりでしょうか。
今改めてこの橋梁を見ますと、まるで海上橋のような見事なコンクリート橋ですね。
まるで第五音更川橋梁+9600の組み合わせをどちらも近代化した感じです^^

私はこの周辺区間はけっこうウロウロしましたが、ここにはついぞ行けませんでした。
今少し遠方におり(太陽が北側から当たります)、当時の記録詳細が不明なのですが、この日は私も山陰本線におりました(もしかすると前日までかもしれませんが)。
長門機関区所属のD51は一区間だけ天下の山陽本線を走ることに気付き、それを表現したいとあわてて考えていた記憶があります。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2013/08/02 20:07 | edit

きれいです

青い空と青い海。良いですねぇ。
海バックでも良かったんだ(笑)

私は昭和49年の1月に行きました。
きれいな海に、きれいなコンクリート橋がかかっていました。
私は、鉄雑誌の作例通りに、海側から撮りましたけどね。

最近の集中豪雨のニュースで、須佐の地名を聞いて、このコンクリート橋を思い出しました。
被害の程度が心配ですね。

あべくま@モバイル #.XQnUga2 | URL
2013/08/02 22:17 | edit

EXTRAさん

山陰では後日、浦富海岸で泳ぎましたが、風光明媚のいい所でした。
並走する道では紅ずわいがにが安く買えて酒のつまみになりました。

現役蒸気時代は、C57も姿を消しており、わずか3日ばかりの逗留。
それでも、このとき見た日本海、とっても素晴らしかったです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/08/04 20:23 | edit

koppel-2さん

餘部はささやかな新婚旅行の折に、体感しました。
鉄道と橋梁ってのはじつにマッチした存在、ここも好きになりました。
今でも、新しい視点からここを撮影されておられる方も多いですね。
でも、似合うのは旧客か貨物列車だけな感じもしております。

ガードレールの山吹色も鮮やかに覚えてますよ、
後日、神奈川の焦げ茶色電信柱を見たときのような感慨です。

船橋ヘルスセンターって行ったことがありませんが
このネーミングって、とっても猥雑ですよねっ(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/08/04 20:24 | edit

ひぐま3号さん

ここ、宇田郷は集中豪雨のあった益田にかなり近い場所。
この橋梁が無傷であって欲しいと痛切に願います。
もっとも、この橋脚の造りなら地震でなけりゃ大丈夫かと。

たった3日の山陰遠征だったけれど、夏場は駅寝だし、
自炊やら、夜明けのサイホンコーヒーが懐かしいですよ。

青い海と蒸機、復活でも決めてみたいもんですね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/08/04 20:37 | edit

とおりすがりです さん

この年の春、はじめて使ったK-IIで惨敗してしまい、
この夏から50年8月までが、K-IIとの短い交合でした。
51年にはK-MとK-Rという規格に変わってしまいましたからね。

このコンクリート橋から士幌線を想像されるのは、やはり同士。
ガーダー、トラスと違って、微妙な均衡が見て取れるようです。

北から太陽が当たるのは南半球に出張でしょうか?
遠方から当時を偲ぶことができる世の中、不思議な気分です。
山陰でのニアミスなど、酒の肴は増えましたね(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/08/04 20:49 | edit

あべくまさん

ありがとうございます。
あべくまさんが、たくさん撮られた羽越本線には及びませんが
たまには、こんな画でなごんでいただければ、なんてね!

くろくまも海側からも写しておりますが、1回こっきり。
順光の海バックの方がお気に入りですけど、もっと引かなきゃね。

今回の豪雨、被災状況が分かりませんが、いち早い復興を期しております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/08/04 20:54 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1853-c8046e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。