くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミスナガワ(函館本線支線・歌志内線)  

カミスナガワ(函館本線支線・歌志内線)
撮影した当時は活気にあふれた炭鉱街だったのですけどねぇ。
こちらは東鶉付近を走行中のD51ですが、、、
駅の北には低い丘があって、そこにはお墓と公園がありました。

歌志内を遠望する
そこから北を眺めると、なんと並走する歌志内線の蒸機が見えたのです。

1127号機
こちらは上砂川の転車台での1127号機になります(すいません、既出です)
はいっ、D511127ということで語呂合わせとさせて戴きました(去年もやったような……)

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1975年3月25日 上砂川近辺
Nikomat-FTn 135mm 2.8 FX ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min.

輸血でのHIV感染なんてニュースが流れてきました。
そーいえば、エイズなんて語も聞かなくなってましたね。
あははっ、くろくまにとっては無縁このうえないことでありますが……


あっ、そうだ! 告知ありまっせ。
地域限定になっちゃうと思うけど、今年もこがねっちの写真展が開催されます。
詳しくはこちらで。。。
600mmを駆る女豹に会いに行かれませんか? 札幌だけどね
関連記事
コメント

インパクトあるタイトルですね………

そして雪の炭鉱街と汽車って似合いますねえ。

ねこ #9enIUaYc | URL
2013/11/26 22:44 | edit

くろくま様 自分の好みも有り歌志内線には好く通いましたが、上砂川支線の方は砂川の発車とかここ辺りの上砂川の公園程度で余り熱がこもっていなかったですよ。 活気が有ったかどうかは余り記憶にないですが、D51のスジは隣の歌志内に較べて見ると随分有りましたね。昨日、悲別でについてはY葉T郎が『Oっぱい・Oっぱい』って叫んでホ-ムを走っていたのを覚えています。自分もPC関係の廃棄物特にモニタ-などは処分しましたねぇ なかなか処分できないのがフィルムカメラ・レンズ類 防湿庫の中で惰眠を貪ると言うか、仕事を終えて休んでいると言うか一眼レフだけでも20数台ありますよそこにRF機やコンパクトカメラや6X7や6X9値が張るものだと501Cとか位かなぁ でも百数十万までは行かないかな。処分する勇気がないだけですが、想い出もあるのでね・・・まぁ次世代には、すてられちゃうでしょうね。 HIVについてはKCT峰がエイズ磐梯山だなんて云ってましたっけ。そういや元の勤務先大正7年に物産から独立したって導入研修の時に教わりました。そうそう高輪までコンベンション観に行って来ましたよ。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2013/11/26 23:36 | edit

おっと・・・

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2013/11/26 23:38 | edit

寿限無か?このタイトル(笑)

捨てられないなんたらって言葉がありますが、ひぐまも同様に…
狭い部屋にいいだけ詰めておりいつの日にか徹底的な仕分けをと思うも未だに実現せずですぅ~

それにしても…
お部屋はすっきりでしょうが、このページ、タイトルに関連記事にコメント見出しと重量級
凄くヘビーな雰囲気ですぜぇ~(笑)

冬の蒸機は格別ですね。2枚目の点みたいな罐、いいっすねぇ~

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2013/11/26 23:45 | edit

なんか・・・

コピペしたくなるタイトルだけど、6文字以上の駅名等
じゃないとインパクト来ないかなぁ。
アイヅオチアイ、ヒュウガクツカケ、カイオオイズミ・・・。
うーん、いかんね。6文字ぴったりだな。

そうかぁ、「ふりかえると歌志内線」だったのね~。
このころは、まったく知りませんでしたわ。

ところで11月51日ってないなぁ(笑)。

マイオ #pcU4xDNY | URL
2013/11/27 11:20 | edit

炭住を見下ろしたこの角度、くろくまさんはあらゆるレンズで撮られていますが、これまた明暗の空気の層が抜群の雰囲気をかもし出してますね。構図の切れに震えます。
このFX+マイクロドール1:3の作品は、いつの日か全倍で拝見したいものであります。
冬に行きそびれ、夏にこの辺りの線路際を撮っただけではどうしようもありませんでした。
この年の2月、D51ラッセル入線の報に色めきたったのですが、同日運転の幌内9600ラッセルに行ってしまいました(上砂川支線を撮っていても、どうせ線路際での撮影でしょうけど)。
背後の山の上から見た歌志内線の景色も、夏とはまるで価値が違いますね。
多度津工場(たぶん)が木製デフの形をそのままに鋼製化した1127号機、その特徴あるデフがさりげなく雪に抜けていてグッときてしまいます。

今思いつきましたが、炭鉱街には8時間おきに1日3回あるヤマの下番時に合わせて開いている飲み屋があったんでしょうね。
深夜上番した炭鉱夫の方々、朝仕事を終えて飲み屋がなかったらやってられないですもん。
消防署の近くに朝8時半から呑める店があるのと同じ論理をしてみました。

あらー、女豹とはまたまた褒めすぎじゃないすか? ♀猫ってとこだと思うんですが...^^

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2013/11/27 18:07 | edit

これぞ北海道の冬景色!
ひと気のない住宅街が当時の寒さを伝えてきます
夏に行ったことはありますが、冬景色は別物ですね
振り返ると上砂川、ここから歌線もみえたんですか
文珠あたりですね。

ぎんちゃん #vqm8JHu. | URL
2013/11/29 11:04 | edit

ありがとうございます

写真展の告知だけじゃなくリンクまで貼って頂いて
本当にありがとうございます
お礼が遅くなってしまい申し訳ございません。

しかも女豹だなんて…女豹だなんて…
カッコ良すぎの有難すぎの告知に自分の中で大変なことになってますョ。
師匠のにゃんこ発言にも絡みたいところですがわが身を思うと
それすらも褒め言葉に見えてくるからあら不思議(苦笑)

蒸機が当たり前に生きていた時代を知らない私、
くろくま様のブログではいつも当時の風景はこんなだったのね、と感慨深く楽しませて頂いてます。

告知、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。
毛色違いのお目汚しのコメント失礼いたしました。

こがねっち #UhN.2XXY | URL
2013/11/30 20:03 | edit

ねこさん

失礼しました。
このままのタイトルも面白いかと思いましたが訂正いたしました。

雪の道内、人の歩みと蒸機という観点では炭鉱って素敵だったな。
筑豊の蒸機も素晴らしかったけれど、炭鉱と蒸機って似合いすぎてましたぁ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/02 19:33 | edit

koppel-2さん

これを撮影した50年当時、歌志内線は2往復、上砂川支線は5往復でしたね。
歌志内、上砂川、常盤台、南美唄、幾春別、幌内、万字炭山……
さまざまな盲腸線が折り重なったこの地域、もっと通いたかったなぁ.

あれっ、フィルムカメラだけでそんなにありましたか?
くろくまは7〜8台くらいかな。
そのうち、デジタルをやめてアルカスイスあたりでじっくり撮ってみたいなぁ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/02 20:01 | edit

ひぐま3号さん

レスが大幅に遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

何も考えずに挙げてしまったタイトルなので訂正させていただきました。

すっきりした部屋で暖房の効きが悪くなり
鼻水を垂らしながら水割り呑んでるくろくまですが、
1年間出番のなかった服だとか、まだまだ不要なものだらけ。
(1番不要なのはアルツが入ってガタが来てる本人ですけどね!)

冬の蒸機、、、
あの頃に戻りたいなぁ、身体もこころも。。。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/05 19:58 | edit

マイオさん

レスが大幅に遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

あははっ、タイトルを変えてからの参戦ですね。
「ミナミアソミズノウマレルサトハクスイコウゲン」なんて如何でしょう?

「振り返ると歌志内線」ってのはここだけだったかもしれませんが
両線区をかけ持ちしたりするにはバスの便もあり、重宝したもんです。
1149も1151も1153も1157も1160も使えませんでしたぁ(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/05 20:16 | edit

とおりすがりです さん

レスが大幅に遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

九州以外、あちこちを転線した1127号機、テンダを換えたり
いろいろな地で工事や改造を重ねたという車歴を某HPで拝見しました。
位置が高目の7文字プレートが顔つきを上品に見せておりました。

あははっ、全倍なんかに伸ばしたら、スポッティングが大変ですよ。
ハンザさんの3色入りの墨も販売終了してますしね(笑)

夏場のこの辺りはカマの黒がバックに沈んでしまうことが多く、
モノクロ泣かせの撮影環境で難しかったです。
1回の撮影行で30〜50本のモノクロフィルムを持って行きましたが
リバーサルは2〜3本でしたから、カラーって高価だったんですねぇ。

>幌内9600ラッセルに行って……
羨ましいです。走ってるラッセルを写したことがないんです。
>消防署の近くに朝8時半から呑める店がある……
すぐに引っ越さなきゃなりませんね(笑)
>♀猫ってとこだと……
言葉は差し挟みませんよ(怖っ)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/05 20:57 | edit

ぎんちゃん

レスが大幅に遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

ありがとうございます。
夏は46年と50年に渡道しましたが、北海道の旬は「雪景色」ですよね。
46年当時は写真ヘタ過ぎでしたし、50年はファンの怒号と蒸し暑さに辟易し
早々に退散してしまったのが残念でなりません。

あっ、上砂川線と歌志内線については、50年3月の「SLダイヤ情報」に
奥野和弘氏が書かれた記事が載ってましたよ。
たぶん、お持ちだと思われますのでご覧になってみては如何でしょうか?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/05 21:22 | edit

こがねっち

レスが大幅に遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

先日は思わぬ出会いとおしゃべりにほんわかした気分になりました。
改めてありがとうございます。

>蒸機が当たり前に生きていた時代を知らない私……
そーいえば、あのイベントのあった年にお生まれだとか。
(年齢は明かしませんよっ)
平日も朝も夜も走っていた蒸気機関車、煤けて汚くなってた蒸気機関車、
客車のデッキは施錠のない扉、犬走りを歩けばちり紙がへばりついてた頃、
線路に下りても機関区をうろついても怒られなかったあの時代……
長尺フィルムを買ってきてパトローネに巻き入れてた貧乏生活、懐かしいです。

写真展の告知は、またやらせていただきますね。
(女豹については、しばらく口を閉ざすことにいたしますが……)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/05 21:35 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1932-272557a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。