くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

終着駅の憩い(高森線)  

皆さん、こんばんは。

最近、おやじブログでは機関区や駐機場での作品が目立っているような気がします。
探してみたのですが、煉瓦づくりは大館だけだし、アップできるようなものがない〜っ。
夕張岩見沢第一も探しましたがお見せできるようなものはなし。
仕方ないから、いつものように高森でごまかしちゃいましょうね。

終着駅の憩い(高森線)
石炭ガラが山積みになっている転車台もないちっぽけな給水・炭の拠点。
カマの住処はトタンで造られたような粗末なものでした。(駐泊したことあるのかしら)
灼熱の8月、給炭場の下の日陰はひと休みするのには格好だったことでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1973年8月22日 高森
Nikomat-FTn 35mm f2.8 Extachrome-X ASA64 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

羽生結弦選手が見事金メダルを獲得しました。つづけ! 真央ちゃん。
土日は冷え込むという話です、防寒対策を怠りなく……
政治のはなしは止めておきましょうね、ムカムカするから。
関連記事
コメント

 くろくま様 この路線は橋梁あり山並ありしかもドラフトが心地よく混合ありアクセントになる風景も点在してでいい路線でしたね。 自分としてはそんないい路線でしたのに、皆さんと同じ様なものしかありません。 終点まで乗っていってしますと、折り返しの間にこうした駐機風景も気兼ねなく撮影する事が出来て、しかも人気路線にもかかわらず、のんびりしてました。 それだけに、Aさんの遥かなる煙の記憶を観た時には感動したのを思いだします。 これからゆめを観に出かけてきます。 こちらものんびりしてますよ。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2013/12/07 05:30 | edit

煉瓦造りじゃなくても

別にクラにこだわらずに、昔のスナップでいいんじゃないの?
そうそう、煉瓦造りじゃないけど、へそ曲がりチックなクラ写真を
発掘しちゃったので、それもそのうち~。

給炭台の下にいる人、助士氏かなぁ。
白いシャツっていうのが・・・。
それにしても、エクタでこれを撮ったっていうのがすごい!

マイオ #pcU4xDNY | URL
2013/12/07 18:24 | edit

ご馳走さまでした〜

お陰様で楽が出来ました。機関区よりも、こうした駐泊施設の佇まいがこの様なタンク機にはお似合いですよね。
いい光景を収められているなぁ〜と思います。
折り返し駅などの風情が今の復活機で味わえるのはどこでしょうね?
只見がなき今だと…浮かばないっすよね。

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2013/12/09 10:06 | edit

koppel-2さん

今から思えば、もっともっと踏み込んで撮りたかった路線です。
豊肥本線の煙が消えてしまってから、陸の孤島のようになってました。
北九州のキューロク重連と南のパシフィックに阻まれて悩んだ路線です。
それでも出向いていけば一日高森三昧でしたから、ゆったりできたかな。
俯瞰は1回しかできなかったけれど、しっかりローカルを味わいましたよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/09 20:55 | edit

マイオさん

もともとクラや発車シーンは撮っていないくろくま、
当時の建造物や人物の画を見せられるとジーンと来ちゃいます。
当時は発表する気もなかった画像が今ではとっても貴重。

Tシャツ姿の作業員さん、珍しいでしょ。
どんなに暑くても寒くても、彼らは制服姿でしたものね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/09 21:04 | edit

ひぐま3号さん

まさか、のパクリでございました。
考えてみりゃ蒸機終焉時、厨房が向かうのは機関区ですよねぇ。
まだまだカードを握っておられるとみましたよ。

当時は多かった盲腸線の転車台のない終着駅。
逆向で勾配に挑んだタンクロコももう見られないんですねぇ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/09 21:12 | edit

出ましたね、高森駐泊所シリーズ。
すべてがミニマムのこの雰囲気は最高の佇まいです。
コールバンカの下の人影も泣かせてくれますです(深夜の保火と二日に一度の仕業検査のために熊本機関区から毎日交代で出張ってきている検査掛でしょうか)。
それにしましても、このシーンをカラーで押さえられているのが凄いですよね。
私はカラーはここ一番の走りでしか撮れず、ここ高森駐泊の写真もすべてモノクロでした。

C12はここに駐泊して、日々立野4往復の仕業に入ってたんですよね。
月に一度ほどの交番検査ごとに熊本機関区からカマの差し替えがありました。
建屋は比較的新しいのに入口の上部に煤がついていますし、特に冬、翌朝に仕業検査がある前夜のオーバーナイトステイでは、照明の問題もあり使っていたと推測できます。
逆に昼間ここにカマがいる時間帯はほとんどなく、この作品はお昼の混125~混126列車の折り返し間合でしょうか(遠方におりまして列車番号はうろ覚えです。すいません)。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2013/12/11 18:31 | edit

とおりすがりです さん

はい、仰る通り混125レから混126レの間の撮影だったと思います。
時刻にすると12時14分から13時30分の間、夏場は暑さがたまりません。
国鉄職員の方はどんなに暑くてもワイシャツを着ておられたような気がするのですが
この方はTシャツ姿でした。(汚れるし暑いし仕方ないですよね)

夏と春、二度だけ訪れた高森線ですが、ここもじっくり撮るべきでした。
九州の中央部にあって、便が悪かったから仕方ないことなのでしょう。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/12/13 07:45 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1935-3b4153c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV