FC2ブログ

二つ目現役時代(瀬棚線)

皆さん、こんばんは。

帰省ラッシュがピークだと言われています。懐かしい故郷と対面されたでしょうか?
大手書店のダイアリーコーナーに行って、お気に入りの手帳を探したのに見つからず。
もうひとつのお目当て『国鉄時代 vol.36 東海道本線』を手にとって見てきました。
巻頭には、M河久氏の「東海道EF58讃歌」、ニコンFとコダクロームIIでのゴハチ写真。
同時期にニコマートでK-IIを使っていたくろくま、何とも懐かしい色合いに涙がでそう。
堀K康夫氏の「氷雪の路」は、宗谷本線のC55たちがさまざまなアングルで登場してます。

そして我らがあらさんの「鉄道風土記」も早4回目、湧網線(天都山)が秀逸。
是非ともお手にとって、俯瞰撮影の素晴らしさと文章を堪能していただきたいものです。
思えば高校3年間、イヴも大晦日もお正月も北海道で自炊しながら過ごしたものでした。
親不孝な次男坊だったなって思います。

二つ目現役時代(瀬棚線)
画の方は、そんな40年前の12月29日のものから……
露出アンダーとカビ、ホコリでお見せするのもお恥ずかしいのですが、これC11207なの。
今でも元気に道内を走ってくれてる二つ目クン、いつまでも元気に走って欲しいなぁ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1973年12月29日 瀬棚線 美利河—茶屋川

Nikomat-FTn 35mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 9.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

西之島と新島が地続きになったそうですね!
もっともっと大きくなって、植生が創造されて南海の楽園になるといいなぁ。
さて、もう4日寝るとお正月なんですねぇ。 あっ、やっと賀状出しましたよ。
関連記事

コメント

コメント(12)
出ましたね
瀬棚線ね・・・。
そうか、C11207ってここを走ってたんだ。
あの俯瞰画の紙焼き、また拝見したいなぁ。

マイオ

2013/12/28 URL 編集返信

 くろくま様 この3ヶ月と一寸後自分たちはサミット隧道の中で対面でした。折角あくる日は内地に帰るとあって、長万部で銭湯行ったのに・・・隋道出てきた仲間の顔はシャネルズでしたよ。 まぁ自分もだけど・・・それが207とは確認していませんが、おそらくそうだったんですね。 40年近くたってそんな話題で書き込みが出来るのも当時から成長なく鉄してるからかも知れません。 本日鉄道研の三級下の後輩(K和発酵)から突然TELあり、鉄博で呑もうというので455の車内で簡易宴会でした。 暖房の効いた不動の車内から、239こないかなぁと雑談する年の瀬も一興でしたが、家族連れの方からは冷たい視線を感じましたよ。 一年の計は元旦にあり・・・来年は大陸以来 久し振り元旦鉄です。Nさん元気かなぁ印度でカレ-食べてるかなぁ・・・長男も脱出組に加わりました。なにしろ上海まで5000円だもんなぁ

koppel-2

2013/12/28 URL 編集返信

こんばんは。

二つ目と言えばこの頃は、胆振線の9600でした。
倶知安機関区などでも撮影をしました。
懐かしいです。

今年は、お会いできませんでしたが
来年は、どこかでお会いできるかも。
先日は、あとでコメントを頂いたのですが
千葉の麻呂さんと三峰口俯瞰でご一緒させて頂きました。

どこかで、つながっているんですね。

(^o^)

EXTRA

2013/12/28 URL 編集返信

こんばんは。
くろくまさんの瀬棚線といえば、例の俯瞰画を思い出してしまいます。
あの写真を拝見した時は、こんな未知の場所があったんだと、蒸機終焉間際の撮影行を途中放棄していたことを悔やんだものです。
最近コメもご無沙汰しておりますが、国鉄時代を紹介していただきありがとうございます。
8回の予定なので来年いっぱいは連載が続きますが、次回の場所は未だ決めていませんw

あらさん

2013/12/29 URL 編集返信

koppel-2さん
49年の春休みは九州にまいりましたので、お会いする機会はなかったね。
それに長万部で銭湯なんて優雅な撮影行じゃあないですか!
思えば、くろくまたちもここの隧道でDCと出くわして慌てましたっけ。

鉄博は酒類持ち込み禁止でしたよね。
喫煙可能な旧客でも備え付けてくれれば行くんだけれど……

元旦鉄ですかぁ。
こちらも1〜3と秩父での煙が予定されています。
混むだろうなぁ

くろくま

2013/12/29 URL 編集返信

マイオさん
あっ、飛ばしちゃって失礼しました。
当時の長万部にはC11171も在籍していたと思いますよ。
207号機は苫小牧支区からの転属だったかな。

あの俯瞰画、まだレタッチが中途半端にて……

くろくま

2013/12/29 URL 編集返信

EXTRAさん
胆振線、岩内線のキューロクは憧れでしたねぇ。
ぼくらが撮ることができたのは、小沢—倶知安の1区画だけでした。
日高本線の二つ目C11も苫小牧でのスナップのみ、早く生まれたかったなぁ。

今年は『鐡樂者展』でのニアミスがありましたね。
そのほかも、さまざまな場所でお近くにおられたのだと存じます。
千葉の麻呂号さん、三峰口でも長靴姿でしたでしょうか、
高みを目指す人たちはどこかで繋がっているのでしょうね。

くろくま

2013/12/29 URL 編集返信

あらさん
僚友の岳人さんも、すっかり鉄ブログに嵌ってますね(笑)
広大な風景を捉えたあらさんのシリーズも半分が終了しました。
で、まだ半分出てくるの? って疑問がいっぱいなんですわ。
う〜ん、おそるべし。
未スキャン画がいっぱいあるのかな、羨ましいですぅ。

くろくま

2013/12/29 URL 編集返信

207が呼んでいるんじゃ?
美利河…いい響きの駅名でした。
瀬棚のC11、現役時代は急行すずらんの車中から長万部機関区で出区するシーンを眺めただけで
そのシーンは207号機でした。
路線そのものがなくなる前後、仕事の関係で今金や北桧山に行く機会があり、ここ美利河にも何度か立ち寄りました。
花石駅なんか、廃線後もかなりの期間そのままの状態で放置されていて朽ち果て自然に還る姿を見たものでした。
何だか、あの頃が懐かしく思い出されましたよぉ~

ひぐま3号

2013/12/30 URL 編集返信

ひぐま3号さん
ピリカ、アイヌ語からの置き換えなのでしょうがステキな響きですね。
長万部で夜行列車を降り、できたてのカニ飯を食べてからの出撃。
盲腸線の撮影は大変でしたよ。
無煙化後の行脚があったようですが、懐かしくってつらいですね。
網の目のように張り巡らされた道内の路線、今がとても哀しいです。

くろくま

2013/12/31 URL 編集返信

おぉ、美利河の山瀬隧道でしたっけ...懐かしい風景ですね。
瀬棚線はくろくまさんも素晴らしい俯瞰作品を残していらっしゃいますように、右に左に山肌を巡る、なかなかの山越え線区でありました。
私が訪れた日は171号機の日で、下りはこのトンネル付近で直前絶気を喰らいました。
207号機は万部の庫で出区待ちの撮影でしたが、前方に突き出した雪掻器が実に勇壮でした。

それにしましても、山瀬隧道を前に前灯が点灯状態です。
今の常時点灯と違い、当時は点灯した前灯を撮影するのはわりと至難でした。
倶知安機関区の9600といい、このC11 207号機といい、二つ目点灯をモノにできているのは凄いことであります。

とおりすがりです

2013/12/31 URL 編集返信

とおりすがりです さん
お恥ずかしい画をお見せして汗顔の至りでございます。
友人が瀬棚で海を入れた写真がありまして、行ってみたかったなぁ、と。
それでもこの峠、しっかりと楽しませてもらいました。

それよりも、前灯の点灯って珍しかったのですか?
ちぃ〜っとも知りませんでした。

そうそう、流し三昧のカレンダー、拝見しましたよ。
フレーミングとロッド位置が素晴らしかったです。

くろくま

2014/01/02 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV