FC2ブログ

荷物のうけつけ時間


働くこと
archives-002
働くことって、どういうことなんだろう?
S48.3.24 仁木駅にて(函館本線)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
関連記事

コメント

コメント(8)
 くろくま様 当時は駅員がいて手小荷物扱いしていたんですね。 自分にとっては、中学を卒業間もない頃に、何を思ってこの画を切り取ったのかの方に興味を覚えました。 創作することって、如何いうことなんだろうか? なにやら拓郎のイメ-ジの詩の様な・・・

koppel-2

2014/04/03 URL 編集返信

あのころは、駅の手荷物扱いがどこでもみられましたね。
ただ、あたり前すぎたことに加えて、貴重なフィルムを無駄にはできないという思いから、張り紙を撮るという発想は、まったく出てきませんでした。
そんなあたり前の風景を、こうして切り取ってくるあたり、くろくまさんは、カマを撮ること以上に、「写真を撮る」ことに、強いこだわりをもって行動していたことが、とてもよく伝わってきます。
このアーカイブでは、そんなくろくまさんのこだわりをまた見せてくださいね。

まこべえ

2014/04/04 URL 編集返信

08時から20時まで、途中2時間の休憩…
一人勤務なら2時間の超過勤務で時間外手当支給の対象ですなぁ〜

えっ?そんなこと訊いていない?
だって、働くことって、どういうことなんだろう?なんてテキストが…

あっ、そうか!
美味しくラガーを頂くためって応えればいいのね。プハーっ!

画の方…
モノクロに着色?天然色に減色?はて?
何れにしてもどんな視点で被写体を見出したのやら?
国鉄の刻印が入った倉庫の錠前とかも撮ってたりしてませんかねぇ〜(笑)

ひぐま3号

2014/04/04 URL 編集返信

マジックペンの手書き文字に懐かしさを感じました〜

太書き細書き両用タイプのマジックペン…今でもあるんでしょうか。

そして…やっぱり不思議なのは…くろくま少年はなぜこれを切り取ったんでしょう??

ねこ

2014/04/04 URL 編集返信

koppel-2さん
当時はよく駅に荷物を預けて撮影に出かけておりました。
(慣れるにつれ、ほっぽらかすようになりましたけどね)

>中学を卒業間もない頃に、何を思ってこの画を切り取ったのか……
あははっ、答えは簡単。
数枚残ったコマを撮り終えて新たなフィルムを入れたかったんです(笑)

くろくま

2014/04/06 URL 編集返信

まこべえさん
手荷物もありましたし、鉄道小荷物(チッキ)もありましたよね。
46年夏には三笠からチッキでジャガイモを自宅に送りました。

このときは運賃表と駅務風景、そしてこの写真を写しています。
SSSの残りを使い切ってSSに入れ替えたかっただけなのでしょう。
駅での待ち合わせ時間があったので写せたんです。
いつもは、到着とともに風のように撮影地へ向かってますからね。

アーカイブ、時折上梓していくつもりです。
既出画も出てくると思いますが、よろしくお願いいたします。

くろくま

2014/04/06 URL 編集返信

ひぐま3号さん
委託駅を除き、駅員さんは複数の駅が多かったと思います。
もちろん夜間勤務もあるわけですから、交代制だったのでしょうね。

画はモノクロ画をRGB化して、3色にしてみました。
>国鉄の刻印が入った倉庫の錠前とかも撮ってたりして……
それに近いもの、ございますよぉ。

最近、ラガーを呑んでいないアルツ・くろくまでしたぁ。

くろくま

2014/04/06 URL 編集返信

ねこさん
太細マジック、今でも健在ですよ〜っ。
荷物取り扱い時間には開いている窓口、鉄板敷きだったりしました。
その奥にはストーブとでっかいやかん、駅員さんの談笑がありました。
券売窓口とともにお客さんとのでっかい窓口だったこの場所、
無人駅化した今日、どれだけ廃棄されたことでしょう。

くろくま

2014/04/06 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV