くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四音更川橋梁を往く(士幌線)  


第四音更橋梁を往く(士幌線)
1975.3.20 糠平—幌加

なぜか、キューロクがブームである(笑)
北海道ではローカル線、九州では運炭での活躍が目についたキューロク、
構内を入換えでちょこまかと動く姿もまた可愛らしいものだった。

50年の春、前日、広尾で9600を撮影し「狩勝2号」で滝川へ行き「からまつ」でリターン。
4月に入れば長かった撮影行も帰京せねばならず、三股まで行くキューロクの貨物に狙いをつけた。
その幻の貨物を撮るべく十勝三脵までロケハンを敢行し、この日ついに音更川4橋に挑んだ。
(数年前から、定期は毎週木曜日にしか十勝三股まで行かない幻化した列車であった)

切詰デフを装備して威風堂々普通貨物を牽く姿もまた、キューロクの顔。
(風に煽られて編成が見えておりませんが……)
貨物列車は左カーブして幌加へと向かうが、橋を渡り旧線跡を右に回り込めば
幻の浮沈橋、タウシュベツ川橋梁は近い。

1975.3.20 糠平—幌加 8791レ 59611牽引
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Plus-X ASA125 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

くろくまの記事をパクったひぐま3号さんの『残雪眩い黒石平』をパクリ返し!
時を経てブログ盟友となった彼。同日、同じスジを撮影していたとは何たる偶然っ!
関連記事
コメント

くろくま様 おぉ~ 幻の貨物列車ですかぁ ここも9600が似合いますね。定期貨物が木曜日というのも当時は知りませんでした。それだけに士幌線というだけでワクワクしましたよ。見事です。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2014/06/13 06:23 | edit

素晴らしき画に感謝と感動です

応吼ありがとうございます。
真打の登場、呼び水役になったみたいですね(笑)
当時、何の変哲もない士幌線では、まずもって撮影者を見かけることはありませんでしたが
どこで情報を得るのか知りませんが三股までの臨貨となると数名見かけることがあり
びっくりしたものでした。そんな稀少な撮影者の中でこんな辺鄙な山の中までいらしたのはまずもって
くろくまさんだけでしょうね。ホント、この行動と成果に敬意の念しかありませんねぇ〜お見事です!

ひぐま3号@233系G車内 #X.Av9vec | URL
2014/06/13 08:21 | edit

この画、最高!
逆光に輝く煙、編成は見えなくなってしまったけれど、たなびく方向は、これで良かったのでは。
春まだ遠い士幌線。いつまでもながめていたい一枚です。

まこべえ #2XsKFzVg | URL
2014/06/13 22:06 | edit

これこそPXで撮っておいて大正解の構図ではないでしょうか。
逆光のカマ、煙、橋梁のコントラストをしっかり、しかし希釈で程よくレベルに押さえたコマが、PSの見事なレタッチで階調が再現されましたね。
ただ溜め息で、何も言うことなどありません。

私の士幌線臨貨は最終回だけでした。
時折走る十勝三股臨貨の存在はずっと知っておりました。
でも、たかが1日1往復の9600のためにと逃げていたんだと思います。
しかし、行っておかないとダメだろとの御告げでようやく間に合いましたが、そんなゆるい付け焼きを許す彼の地ではありませんでした。
ただ圧倒されて参りました(尻尾くらいには噛みついたつもりですが...)。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2014/06/14 20:16 | edit

koppel-2さん

まさにキューロクが走るためにあったような路線でしたね。
ひぐちゃんから「臨貨が走ったのは木曜日」とうかがってましたが
49年12月28日は土曜日だったのですね。

そう、貴殿が糠平でそり遊びをしていた日のことですが……

くろくま #uRLT.2RM | URL
2014/06/17 20:43 | edit

ひぐま3号@233系G車内さん

前回の電力所前、糠平に気を良くしての入線でしたが
未踏の地、糠平—十勝三脵の車窓にはわくわくしっぱなしでした。

この橋梁を通り過ぎる際に見つけた場所は、幌加からもそれなりの距離。
当時、タウシュベツ川橋梁を知っていたら立ち寄ったことでしょうね。

いずれにせよ、士幌線はわが蒸機人生最高の晴れ舞台でありました。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2014/06/17 20:50 | edit

まこべえさん

ありがとうございます。
とかく「思い入れ」が本来の作品を凌駕しがちなのですが、
ここは当時も、後から眺めかえしても「納得」の風景でした。

あのとき、「燃えた」くろくま青年が画から観てとれるでしょうか?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2014/06/17 20:55 | edit

とおりすがりです さん

いやぁ、原画は傷だらけ。アップしようかどうかかなり悩みました。
ノートパソコンでのレタッチって、けっこうキツいですよね(笑)

当時、ローカル線にはまっていたくろくま、
ここもそうですが、興浜北なども事前に運行の確認をしておりました。
とおりすがりです さんも噛みついた尻尾が偉大だった、
そんな路線にもっともっと行きたかったなぁとつくづく思います。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2014/06/17 21:01 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1981-a219b0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。