くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

収穫のころ(只見線)  


皆さん、こんにちは。
半袖でちょうどいい季節の到来ですね。身体も楽ですw
この三連休、皆さんステキな写真をゲットしてくださいねっ!

この季節に相応しい写真を探してみましたが、現役時代は9月の出撃が少なかった。
長期の休みに「遠く」に出かけるのがステータスで、会津や小海は近いけど蚊帳の外。
振替休日って、この前年の昭和48年からのスタートだったってご存知でしたか。
週休二日なんてのも、あの頃流行った言葉でした(憧れたなぁ)。

昭和38年に会津川口—只見が延伸開業された只見線、
40年には本名、越川、大塩、塩沢の各駅が新設されました。
ミニ周遊券(2.200円、学割1,800円)の自由周遊区間は熱塩・湯野上まででした。
只見線は近くて遠い路線となってしまい、客車時代に訪れることはありませんでした。
2011年7月の豪雨で第5から第7橋が流出しましたが、復興の報は聞かれません。
そんな第7橋を偲んでみました(既出画にて申し訳ございません)。
ちっぽけな会津塩沢の駅で自炊したのが懐かしいです。ストーヴの炎であっという間に暖まったっけ。

Archives_04
1974年9月16日 会津大塩—会津横田(只見線)
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと
関連記事
コメント

No title

ご無沙汰しております。
てっきりこの三連休に重い腰を上げられ、殿ご出陣かと…
こちらは三連休を利用して一時帰宅の身、秩父へひと月振りの
罐詣でをしている最中です。
只見線の不通区間、廃止に向けて着々と地元説明会などを開催し足固め
しているようですよ。
まあ、廃止は揺るぎないところかと。
J東も、北からC62寄こせとか言うならDMVを拠出させて只見線の
若松〜只見間をレール、ロード、レールと繋いで走らせたら観光にも
地元にもいいのにね。
それで利用が伸びたら再興する、伸びなきゃ廃止にするってなると
みんな納得すると思うのはひぐまだけかな?
只今、長瀞、パレオを追い抜きです。

ひぐま3号@秩父鉄道の電車 #X.Av9vec | URL
2014/09/13 15:10 | edit

No title

こいつはまた7只見川の凄い俯瞰ですね。
よくぞ列車からのロケハンでこういうハイアングルポイントを探されたものです。
そこで順光でKIIですからたまりません。
ただただ見入ってしまう限りであります。

福島・会津磐梯ミニ周遊券はたしかに日中線と会津線(会津滝ノ原線)湯野上まででしたね。
私がここいらでは会津線湯ノ上までの撮影が圧倒的に多いのもそのせいかもしれません。
この9月22日も門デフ254号機を追って会津線でした。

只見線(会津只見線)のC11旅客列車など、その後誰もが撮影してますから珍しくも何ともありません。
今年だって走ります。
当時撮影したC11旅客列車の写真は、今の試運転と見比べてほとんど同じで心底がっかりしてます。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2014/09/13 20:44 | edit

No title

くろきま様 週休2日は 前期高校時代は憧れましたねぇ。 会津も只見もこの年の10月改正で罐が落ちちゃったんでしたっけ。 まぁ 休みのたんびによく出掛けましたが 只見のここへは立ち寄ることも出来ませんでした。 そうだそうだこの年の鉄道記念日はミスターGの引退セレモニーが後楽園球場であったんだ。 それから40年 まさか未だに試験勉強に悩まされているとはね・・・

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2014/09/14 23:39 | edit

懐かしい!

まだこの頃はすぐ横の道路橋はなかったんだ。
まぁ、只見地方は道路がどんどん整備されて鉄道が
重要性を失ってしまったんですね・・・。

マイオ #pcU4xDNY | URL
2014/09/15 21:05 | edit

No title

こんにちは。

久しぶりの投稿ですね。
体調の方は、だいぶ復活したのでしょうか?

この路線、このような風景また見たいですがだんだん雲行きが
良くないようですね。

この橋を新設して走る予定は、もうないのでしょうか?
投資の割に客も伸びず、赤字垂れ流しでは、復活の余地なしか。

(^0^)

EXTRA #UYfCdQ96 | URL
2014/09/17 12:58 | edit

西若松の無念

くろくまさん、お達者ですか。
確かに「福島・会津磐梯ミニ周遊券」は会津只見線抜きでした。おまけに域内夜行での睡眠確保が難しい。一度愚かにも夜行で若松から郡山の往復をやりましたが、さすがに寝不足で、昼下がり滝ノ原線の列車を待つ西若松のホームの待合所で熟睡してしまい、撮影をふいにしたことがあります。今でも無念です。この地域はステーションホテルに限りますね。ただ、日中線に行けたのはこの周遊券のおかげです。

こあらま #kD1YQLww | URL
2014/09/19 13:01 | edit

No title

このアングルは今は茂る木に隠されてしまってるんでしょうね…

たくさんの俯瞰構図が発表された復活後の8橋と違って
7橋は俯瞰写真が出ないままに終わってしまいました。

万が一、川口〜只見が復旧することがあれば高みを探してみたい橋です。

さて今年もあと1月半で只見に汽車が帰ってきますよっ
宿の準備はできてますか?

ねこ #9enIUaYc | URL
2014/09/21 21:40 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/12/22 21:00 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/12/22 21:01 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/12/22 21:02 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/12/22 21:02 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/12/22 21:03 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/12/22 21:04 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/12/22 21:04 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1990-3e7d2a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV