FC2ブログ

単機疾駆(夕張線)

国鉄夕張線、紅葉山—夕張では単機回送のスジが多く存在した。

単機疾駆(夕張線)
これは今から40年前のそんな日常……
(昨日、39年前の6788レの記事を記載できなかったので、その一年前ってことで)
逆光に輝く白煙が美しかったなぁ!

※精神的に不安定なのでレスが遅れる現状です。お許しください。

1974年12月25日 沼ノ沢—南清水沢(夕張線)
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

関連記事

コメント

コメント(4)
No title
紅葉山からの単機、沼ノ沢からの単機、清水沢からの単機、鹿ノ谷からの単機。
そして、カマの需給関係から下り列車に多発した重連。
夕張線内の機関車運用は単純ではありませんでしたね。
少し下って、この先からまたワッと上っていくこの区間、沼ノ沢を出てすぐのハイピッチの小開の助走が素敵でした。
しかしまぁ、よくぞこんな単機までしっかりKIIで押さえられ、またそれが素晴らしく深い4色モノトーンに仕上げられていますから驚愕ものであります。
山と煙と雪面の見事なトーンに酔いしれますと、あの日の空気感が蘇ります。
(正確には私は上野からこの日のはつかり5号ですから、この瞬間はここにいませんが...)

追分機関区所属の565号機はこの日から1年近く走って、最終日を前に火を落としてしまったものの、そのおかげか庫外留置となり、その後の罹災をまぬがれているんですね。

とおりすがりです

2014/12/25 URL 編集返信

565だ〜っ
そう言えば夕張線って単機回送多かったような…
特に日曜日スジは本来、貨のスジなるも荷が無くってことか。
ひぐまには数少ない夕張線での撮影、単回ばっかりだったので
ぐぐっと来ちゃいます。しかも565だなんて…
こいつが火を落とすシーンを追分の丘から眺めていたもので
一層ググッと来ちゃいますますよ。
因みに565が函館で静態保存中(今は佐呂間に移設)は徒歩3分のご近所でした(笑)

ひぐま3号@のぞみ車中

2014/12/26 URL 編集返信

とおりすがりです さん
重連運行は日が暮れてからが多かったようで殆ど撮影していません。
単機のスジには結構出会いましたね。
上り勾配ですので、写す角度によっては貨物を牽いているようにも見えたものです。

今となっては、49年春から使い始めたK-IIの威力(発色・耐久性)が凄まじく、
ASA25の世界にしっかりと嵌った自分が誇らしく感じることもありますよ。
今じゃ、低感度すぎて使えないことだろうと思いますけど……

>565号機の庫外留置……
そうでしたか、241や603が燃えるなか、よくぞ生き残った(?)ものです。
それにしても追分の火災、残念至極であります。

くろくま

2015/01/14 URL 編集返信

ひぐま3号さん
あらま、函館に保存されていた時期があったんですね。
今、50年3月のダイヤを見てみると、単機スジが臨時を含めて7往復ありますね。
日中の重連スジは追分発12:19の5797レのみ、設定は後補機です。
くろくまが写した重連は前補機だったんですが、雨のせいで画になりませんでした。
駅間を移動する際に、こまめに単回を写しておけばよかったなぁ。
——なんて後の祭りですよね。

くろくま

2015/01/14 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV