FC2ブログ

幽谷の白煙(士幌線)

皆さん、こんばんは。
スーパーの品揃えもすっかりお正月バージョン、年の瀬です。
くろくまも26日には忘年会で午前さま、27日は会社で大掃除。

幽谷の白煙(士幌線)

さて、今日の画は、40年前の12月28日。士幌線の第二音更川橋梁です。
週に一度、臨貨が上士幌—十勝三股を走っていた時代……
よく見れば牽いているのはヨ一両のようですけどね。
(この画は既出画を若干トリミングしたものです)

1974年12月28日 清水谷—黒石平(士幌線)
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Panatomic-X ASA25 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
 
関連記事

コメント

コメント(8)
No title
くろくま様 あの時から40年かぁ・・・ 久し振り当事のメモを見ましたら、S49~50年冬休みは初めてeveの日に、はつかり5号利用での渡道でした。12・28の士幌線帯広から同じDCに乗ったんだろうけど、この様なポイントには辿りつけませんでしたよ。

koppel-2

2014/12/29 URL 編集返信

No title
40年の歳月…光陰矢の如しってホントですね。
この音更川の光景も、毎日のように眺めた上士幌駅でのキューロクの姿も
未だにまるで昨日のことのように思い出されるのに40年なんですねぇ…
昨日食べたモノすら思い出せないのに不思議ですわ~

ひぐま3号

2014/12/29 URL 編集返信

糠平以北
こんばんは。

士幌線は私が訪ねた時は既に糠平以北は休止、アーチ橋や線路が草に埋もれるばかり。
大雪山も望むこんな場所で列車を撮る事はもう叶わないと諦めもありましたが、それでも憧れたものです。
週1本しかない臨貨を撮るためにここまで入り込むとは。
感心すると同時に羨ましい限りです。

風太郎

2014/12/30 URL 編集返信

No title
二音更川っすね。
よくもまぁ、限られた時間の中でこういうアングルを見つけ出されたものです。
だいたい、ここ一番でなんとFXをお使いですから参ります。
こんな雪晴れなら、カマでもf5.6の1/125が切れますもん、さすがであります。

この日は朝1527列車をやってから名寄本線に転戦しておりました。
この頃までハードルが著しく高い士幌線十勝三股臨貨は目をつぶっていたんです。
でも、年明けの1975年にはいよいよ本気で撮りにいかないとなくなってしまうと一念発起して、最後の臨貨にギリギリ滑り込んだんですが、ただの証拠写真でありました。
「士幌線を撮った」とはくろくまさんの前でもご地元お二人の前でも恥ずかしくて言えません。

とおりすがりです

2014/12/31 URL 編集返信

koppel-2さん
そういえばあの頃、クリスマスもお正月も道内で迎えましたね。
息子のいないお正月、母も祖母も寂しかった事でしょう。
随分と親不孝な息子だったと今にして思う次第……

49年冬、50年3月とくろくまのなかでは一番充実していた撮影行でした。
ローカル線めぐりをしてきてよかったなぁと、今つくづく思います。

くろくま

2015/01/14 URL 編集返信

ひぐま3号さん
はい、月日の経つのは早いものです。
無謀で体力勝負だったあの頃に戻って汽車を撮ってみたいなぁ。
この日、清水沢で下車し、糠平まで歩いた行程は思い出せないけれど
冬晴れの好日、心地よい寒さが体感として残っているようです。

>昨日食べたモノすら思い出せないのに……
あははっ、こちらは今日の昼飯が思い出せませんぜっ!

くろくま

2015/01/14 URL 編集返信

風太郎さん
当時は週一本という自覚はなく、深夜の旭川から確認の電話を入れていました。
初めて清水谷以北に足を踏み入れたとき、頭を殴られたような感動を得、
絶対に撮りたい! と意気盛んに出向いたものの地の利がなく、とにかく歩きました。

この地は「電力所前」から、まばらな人家を過ぎたダムの堤上。
俯瞰をしたかったけれど、この光景に出会ったらもう大満足。
この後、糠平手前の不二川橋梁の俯瞰を撮影し、生涯に残る汽車撮影となりました。

くろくま

2015/01/14 URL 編集返信

とおりすがりです さん
当時、車窓から眺めて撮影場所を決めていた道内ローカルでしたが
ここ士幌線では一回こっきりの車窓ロケハン、ここは見つかりませんでした。
ならば探そうと意気込んで歩き始めたもののなかなか見つからない撮影場所。
偶然にもこんな素晴らしい場所に出会うことができました。

往きは北平和で一本、ここで一本、返しは不二川で一本と充実した一日。
こんな日は人生でもなかなか訪れないのでしょうね、鉄日和でありました。

くろくま

2015/01/14 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV