くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

落葉松(広尾線)  

皆さん、こんばんは。
たくさんのコメをいただきまして、ちょっと引いてしまいました(笑)
更新せずに寝てしまおうかと考えましたが、も少し頑張ります!

広尾線といえば、こあらまさんのおっしゃるように落葉松の防風林ですねっ。
凍てついた大地と櫛の歯のように並ぶ垂直線、いいアクセントでした。
ちなみにこのスジ(1892レ)、この日上更別でkoppel-2さんが撮っておられました。
(時間がなくてカビのレタッチが不十分ですが毎度のこと、ご容赦くだされ)

落葉松(標津線)

昔日の貨物列車もさまざまな車両で構成され、じっくり眺めていると楽しいものです。

1974年12月27日 北愛国—愛国 
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 12min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事
コメント

広尾線の貨物列車って十勝港からの鮮魚を運ぶために白い貨車の「レ」が付き物で
逆に士幌線ではこの画の中間に見えるトラ90000のチップ積載車が主でした。
地場の産業で貨車も変わるってある意味当たり前のことなんですが
当時は珍車に見えて子供心をワクワクさせてくれたものでした。
風景そのものもモロ懐かしい光景ですが、貨車の並びを見て一層の懐かしさを感じました。ありがとうございます。

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2015/01/23 09:32 | edit

 くろくま様 この日の上更別は快晴の記憶です。札幌五輪の記録映画で幸福駅が出てきたのを覚えています。橇遊びとか記念写真ばかりで帯広機関区は行きもせず、待合室での寝床確保のため駅に居たのにスナップも撮りませんでした。・・・愛国でも幸福でも罐は撮っていないです   残念。 

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2015/01/23 10:10 | edit

懐かしの防風林

いいですな。やっぱり白銀でなきゃいけませんね。
一度夏に狙って、大ボケをこきました。

帯広の防風林は某放送協会の「新日本紀行」で知り、国土地理院の地図を舐めまわして、広尾線の愛国、大正、幸福辺りに的を絞りました。最初に幸福に降りた時は、不覚にも、ホームが先頭車の最前ドア1個分しかないことを知らず、編成の長い始発の車内移動では間に合わず、雪の犬走りに飛び降りる羽目に。その後、立派なのが出来ましたが。それ以来、初めての駅は必ず最前部。臨時とか仮の乗降場でないかも要チェックでした。

直ぐにコラボりたいところですが、銀塩画はそうはいかないのが辛い所。ネガの状態が良い北海道ものは後回しで、4月以降の本スキャンとレタッチを予定していましたが、言いだしっぺがネタをアップしないといけませんね、落葉松防風林の広尾線を漁ってみます。化粧と物書の時間をください。時間差コラボということで。

こあらま #MYW9iv1. | URL
2015/01/23 16:48 | edit

広尾線の貨物列車はいつでも長かったですね。
壮大な防風林に負けてないですもん。
貨車の反射、雪面の反射と西日の斜光の使い方が実に老獪です。
そして、さすがにFXのマイクロドール1:3、防風林の枝先までクッキリです。

この時間帯、私は午後の貨物にDE10補機が付かないと知って、9600補機がなくなって以来久しぶりの常紋におりました。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2015/01/23 18:56 | edit

ひぐま3号さん

そうですね、広尾線ではレをよく見かけたような気がします。
士幌線のトラもしっかり記憶に残っています。

子どものころ、近所の西武池袋線の踏切で貨物列車の両数を数えるのが好きでした。
30両を過ぎると、とくにワクワクしたもので、編成はいつも凸凹だったような。
そういえばあのころ、山手線にも貨物線が存在していたのですね。

池袋のヤードに屯するEF10〜15、DD13が懐かしく思い起こされます。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/01/26 18:53 | edit

koppel-2さん

くろくまも帯広の機関区を訪れたのは6788レを撮った後のことでした。

帯広駅は年末年始には終日営業してましたが、3月には夜間封鎖、
宿の当てが外れて、駅前の交番に「保護してください」と駆け込みましたが
終日営業の居酒屋を紹介されただけでした。

今となってはいい思い出でもありますが……


あっ、思い出したことがもうひとつ、、、
あの上更別のネガ、肉乗りがすごかった(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/01/26 18:57 | edit

こあらまさん

この界隈、凍土がとても美しいところでした。
冬・春は北海道、夏は九州という撮影スタイルが続いた高校時代、
夏の渡道はニセコの走っていた46年と晩年の50年でしたが
50年夏には湿気と雨、撮影地の怒号に嫌気がさして一週間足らずで帰宅。

『新日本紀行』、いい番組でしたね。
冨田勲のテーマ曲も味がありましたし、構成に嫌みがなかったですよね。
たしか「鶴の来る駅」で茅沼も放映されてましたっけ。

>雪の犬走りに飛び降りる羽目に……
あははっ、そんなこともままありましたね。
当時は若かったからよかったけど、今なら捻挫しちゃうかもしれません。

>落葉松防風林の広尾線を漁ってみます……
どうぞ焦らずにアップしてください、楽しみにしております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/01/26 20:05 | edit

とおりすがりです さん

そうですね、ワムフ100しか牽いてなかった湧網・池北とはちがってました。
今にして思えば、途中駅での入れ替えなどを写しておきたかったなあ、なんて。

>9600補機がなくなって以来久しぶりの常紋におりました……
当時からマメに調べておられたんですね。
くろくまは、あのころも今も出たとこ勝負でやっていますよ(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/01/26 20:37 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/2002-4b485c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV