FC2ブログ

C57奔る(室蘭本線)

皆さん、こんばんは。

撮影する場所によって、上下左右の感覚や被写体の大きさがわからなくなるときがある。
栗丘の薮山に登るとまさにそんな感覚を味わうことができる。
2年後、室蘭本線のさよなら客レを牽いた135号機、何事もないかのように力走していた。

C57奔る(室蘭本線)

1973年12月27日 栗丘―栗山 C57135牽引
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメント(8)
にわかにこのC57135の動向が囁かれ始めましたね。
何やらEF551に主の座を明け渡すと言うではありませんか。
となると、お隣の車センに入場で「動態化?」な~んて思ってしまいますね
昨年後半、C571の走りを数回見まして、やっぱC57は美しいフォルムだなぁ~と
つくづく感じて来ました。135の噂は噂としてC571や180でその美しさを
堪能しようと春からの運行にワクワクですが、如何せん、遠くて…財布は寒々ですわ(笑)

ひぐま3号

2015/01/27 URL 編集返信

 くろくま様 早暁から岩見沢方面を狙った後追い画面でしょうか?
最期の夏にご友人が滑落した斜面と想像いたしますが・・・治療の場面は覚えているのですがねぇ  135号機だったんですね。

koppel-2

2015/01/28 URL 編集返信

この場所
この後、トンネルに入る寸前まで後追いできるのよね。
そっちはいかがかしら?
(私はこの立ち位置には行ってません~)

マイオ

2015/01/28 URL 編集返信

80km/h超まで一気に加速していく様が伝わります。
ここはトンネルまでわずか5.0‰の上り勾配ですが、栗丘に停車する旅客列車はゼロからの加速になるので、猛然とという言葉がピッタリの走りでしたね。
C57の給水温め器からの大量の排気が、どれだけハイピッチな加速をしているのかを物語ります。

この丘の今の姿をBBSにアップさせていただきました。

とおりすがりです

2015/01/29 URL 編集返信

ひぐま3号さん
えーっ? 転車台の特等席をムーミンに譲っちゃうんですか。
その前に百恵ちゃんを呼んで「いい日旅立ち」を歌ってほしいなぁ。

フォルムはスポークのC55が美しいと感じますがC57も充分美しい。
できれば4次型を復活させて、C59を連想してみたい。

>その美しさを堪能しようと春からの運行にワクワクですが……
いいなぁ、東に西にテリトリーを広げられて。
こちらは当面、秩父オンリーかもしれません(泣)

くろくま

2015/01/29 URL 編集返信

koppel-2さん
はい、その通り。
でも斜面ではなく崖上からの撮影です。
あの夏の日には焦ってしまいましたが、今なら絶対に登れませんね。

135号機、けっこう撮影する機会に恵まれたカマでした。

くろくま

2015/01/29 URL 編集返信

マイオさん
はい、トンネル丸見えです。
ちなみにこの丘、わずか40メートルくらいの標高ですが
斜面に貼り付く防壁の金網に足をとられて登るのが困難。
そんな訳からでしょう、この地から写した蒸機の写真を見たことないです。

ちなみにトンネル直前の写真はカビだらけで……(泣)

くろくま

2015/01/29 URL 編集返信

とおりすがりです さん
BBSへのハリコありがとうございました。
立体交差、新たな道路橋、そして木々生い茂る彼の丘、懐かしく拝見しました。
現在なら登ることすら敬遠したくなる光景ですねぇ。

>トンネルまでわずか5.0‰の上り勾配……
そうだったんですか、てっきり10‰はあるかと思っておりました。

早暁から半日の「お山の大将」、それなりに気持ちのよいものでした。

くろくま

2015/01/29 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV