くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

火床(室蘭本線)  

皆さん、こんばんは。
30日は首都圏でも大雪だとの予報が出ています。
歩行転倒や、お車でのスリップなど、くれぐれもお気をつけくださいませ。

さて今日の画は、先日と同じく栗丘の高みから。
冬場の早暁、ASA25の撮影では開放絞り値のいちばん明るい50ミリに依存。
もっと引いて撮りたかったけれど、仕方ありませんよね。
寒さのなか、真っ黒な車体に命の炎が見て取れました。

火床(室蘭本線

1973年12月27日 栗丘―栗山 D51牽引貨物

Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
関連記事
コメント

くろくま様 当事はF1.8の標準レンズが一番明るい玉だったですが、開放で作画することはなかったかなぁ  しかしカラーの威力ですね。 この区間でのこの位置は見かけないからなぁ

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2015/01/30 10:08 | edit

“ザクッ” “プシュー” “ザンッ” “カラン”
“ザクッ” “プシュー” “ザンッ” “カラン” “バラバラバラ...”
「栗丘出たら、上りにかかる前から開けっから。今日の空セキはゆるくなくってよ、下ってても後ろからぼっかけて来ねえ」
「いつでも大丈夫っす、罐水8分目! 世の中、油が足んねえそうですから、ヤマはこんな暮まではっちゃきこいてんじゃねえすか。セキ早く戻してやんねえと」
「そうだな、オレのDL転換の話も遅れっかもな」
「したら、オレの甲種もDLじゃなくてこいつでですかね。ワヤだな」
「まさか、そったらことはねえべ。栗丘、場内進行ぉ~ぉ!」
「はい、場内進行っ!」

にじみはたっぷり出るのにピンは維持。
ニッコールの50/1.4や50/1.2の開放付近は独特の味がありましたね。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2015/01/30 19:15 | edit

しかし凄い行動力ですね。
なんたって、未だ明けやらぬ冬の朝、気温はこの辺りでも平気でマイナス10度になる時期に
雪を掻き分け前人未到とでも言うべき栗丘の高見に行き
露出もまだ出ない中でASA25で写すなんて、はなから色のない世界で
投炭時、火床のオレンジがキャブに放たれる瞬間を切り取るんだからまさしく神憑りですね
冬、雪の中の罐は素敵ですよね。ほら、聞こえませんか?
北の大地がおいでおいでって呼ぶ声が…

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2015/01/30 19:48 | edit

koppel-2さん

火床はやはりカラーかと。
コダクロームのASA25、パナトミック、ネオパンFのASA32、イルフォードパンFのASA50
挙げ句にはミニコピーをASA6で撮影するという、微粒子にこだわった当時が懐かしい。
朝方、夕刻の低照のもとでは純正標準レンズの出番がけっこうありましたよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/02/02 22:53 | edit

とおりすがりです さん

出ましたね! お得意の擬音精舎(笑)
宴席での盛り上がりに欠かせない素晴らしい芸ですねっ。
久しく聞いていないものですが、いずれキタトンで披露してくださいませね。

ニッコール50 1.4、素晴らしい逸品でした。
その後購入したマイクロ55 2.8もお気に入りでしたけど。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/02/02 22:57 | edit

ひぐま3号さん

この頃は現地でお仲間と出くわして合流したり離れたり……
単独行のときには滅茶苦茶無理したもんです。
撮り逃しても自己責任ですし、気が楽でしたからね。
そんなとき、ここを目指しました。
凍った斜面と下に潜む崩落防止の金網、滑っては登りの繰り返し。
明るさを度外したフィルム選定も今では楽しい思い出ですよ。

で、「おいでおいで」は勘弁してちょ(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/02/02 23:04 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/2009-9461a590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV