FC2ブログ

オホーツク(興浜北線)

皆さん、こんばんは。

カゴメかデルモンテ、吉野家か松屋か、ニコンかキャノンか、悩みはつきません。
一日二本しか撮れないローカル線か、頻繁に撮影できる本線か?
でも、うどんは讃岐よりも稲庭が気に入っているくろくまです。
ビールも勿論ラガーが一番!

高校生のくろくまが選んだのはローカル線、でっかい風景をご覧ください。
興浜北線北見枝幸と興浜南線雄武はいずれ繋がれ、興浜線になる予定でした。
当時、美幸線や深名線の赤字が取り沙汰されていましたが、こちらもかなりやばかった……

オホーツク(興浜北線)

その後、どちらも廃線の憂き目に遭い、バスによる運行がなされているようです。
でっかい風景のなかのキューロク、も一度会ってみたいものですね。
(この画も既出です、失礼しましたぁ)

1975年3月24日 興浜北線 北見枝幸―問牧 9600型牽引貨物

Nikomat-FT2 35mm f2 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事

コメント

コメント(6)
くろくま様 ナイスです。 この前人未踏派的活動は自分も影響されたなぁ・・・ 

koppel-2

2015/02/07 URL 編集返信

いつ拝見いたしましても、凄いとしか表現できない光景です。
枝幸はオホーツク沿いの街ということを上っ面しか理解していなかった私には、とうてい到達できない撮影場所でした。
そして、KIIの実力を如何なく発揮されての4色モノクロ表現がどうにもたまりません。

1月から2月にかけての厳冬期、1991列車~1992列車を一日おきにウヤにして運転された定期9600ラッセルに三度挑むも、毎晩のように急行利尻がまともに走れずに到達できたのはたったの一日。
そんな難産だった興浜北線の思い出は、別の意味で難産だった士幌線十勝三股臨貨と被ります。

とおりすがりです

2015/02/07 URL 編集返信

既出?
いいじゃないですか~何度見てもいいものはいいんですから。
映画だって「名画座」のようにアンコール上映が人気なんだし~

ネタに尽きた感のある拙ブログも既出で行こうかしら?
えっ?ダサ画に名画は無いって?アハハ、B級マニア向けっすよ

ひぐま3号

2015/02/09 URL 編集返信

koppel-2さん
ありがとうございます。
今から思い返してみても、50年3月は人生の絶頂期でしたね。
初めて訪れる地ばかりだったのに、登ればいい画が撮れましたっけ。

あの時期に幸運は使い果たしてしまったのかな?

くろくま

2015/02/09 URL 編集返信

とおりすがりです さん
有名撮影地の斜内—目梨泊も想定しての興浜北線でしたが、
車窓を眺めながらロケハンのために終着まで来たときには、ここに決めてました。
登ってみれば地図に描かれている通りの湾曲があり、大感動を味わいました。

ラッセルには不運にも一度も出くわしたことがありませんが、
この時期、士幌線や広尾線、池北線を巡ることができ、ラッキーだったと思います。

くろくま

2015/02/09 URL 編集返信

ひぐま3号さん
復活出撃回数が激減し、忘れ去られた現役画でごまかしております(汗)
道内のローカルはかなり巡ったつもりですが、もっともっと写したかったなぁ。
羽幌・天北・日高などなど、海と絡めて撮りたかったです。

ひぐちゃんもブログ歴長いから、既出画でど〜んと行くのもいいでしょうねっ。

くろくま

2015/02/09 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV