くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たわわ(只見線)  

皆さん、こんばんは。
青森、岩手での相次ぐ地震、不気味な兆候が続きます。
原発や核廃棄物貯留施設は本当に安全なのか、気になる次第です。

たわわ(只見線)
さて、本日はタンク機の重連を探っているうちにたどり着いた画、
今では只見の復活蒸機の返しの最終撮影地として賑わう辺りですね。
大井川で朽ちたC11312と345の重連です。
たわわに実る稲、もっと引いて撮りたかったなぁ。若気の至りかな。

1972年8月27日 日中 只見線 会津坂下—若宮

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

Nikomat-FTn 50mm f1.4 Neopan-SSS ASA200 DP仕上
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX
関連記事
コメント

おっと~トンボじゃありませんか!
こんな貴重なシーンを撮られていたなんて・・・しかし、ホント

それにしてもこの短編成、タンク機C11にはお似合いのものがありますね。
打ち出の小槌のような現役モノの上梓、半ばあきれてます……
(ん?どっかで見たコメだって?気のせいですよ)

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2015/02/17 23:11 | edit

くろくま様 トンボと言うよりは自分たちは背中合わせなんていってましたよ。  走行ではじめて見たのは後藤寺線でした。 名寄本線でも有りましたねぇ タンク機で背中合わせは見たかなぁ 覚えてませんねぇ 当事はこんな出会いもあったものだとあらためて想い出されます。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2015/02/18 07:00 | edit

げげっちょん!
会津只見線でこんなのがあったんですね。
戻りの補機仕業、編成がわずか10トンのワフ1両なので後ろではなく次位に連結して、さらに本気で走る必要もないし面倒くさいので転向も省略といったとこですかね。
逆向きだと制限速度が変わるテンダ機ではできない臨機応変の運用ですね。
私は会津滝ノ原線を含めましても、後補機はあれど、重連は一度も撮ってません。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2015/02/18 09:24 | edit

撮影した当時は「トンボ」などとは呼んでいませんでした。
たぶん、「変な重連っ」なんて思いながら写していましたよ。

当時、貨物列車は主要な停車駅で、入れ替え作業を伴いました。
その構内作業をし易くするためにカマの向きを入れ替えたのですよね。
今にして思えば、そんな構内作業と従事する人と一緒に写したかったけれど
駅間の高みを目指すことに精神を集中させていたみたいです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/02/19 18:40 | edit

koppel-2さん

後藤寺線、、、
そうですね、いろんなカマ位置が楽しめた路線です。
サイドが似合うキューロクたちが楽しませてくれましたよね。

タンク機の重連、写した覚えがなかったのですが、
会津線では後補機つきの画も撮影しておりました。
(残念ながらゴミ・カビがひどく日の目を見ることはないでしょう)

名寄本線でもありましたっけ?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/02/19 18:46 | edit

とおりすがりです さん

あははっ、何その擬音(大笑)
当時、会津滝ノ原線には重連スジがダイヤにありましたが、
単機回送のあるときだけの臨時スジだったような……
只見方では少なくともダイヤには載っていませんでした。

このときも何も予備知識がないままに遭遇しました。
まあ、この編成なら高みもへったくれもない訳ですがね(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/02/19 18:56 | edit

こんなの有りですか?

これは珍しいですね。
不確かな記憶ですが、坂下駅までの区間貨物が有ってその返しが逆向き牽引だったように思います。
返しの荷が無かったとか何かの理由で、定期の上り貨物に回送機を付けたのではないでしょうか。
でもこれが下り列車だったら、何なんでしょうかね?疑問は残ります。

それと重箱の隅突きで恐縮ですが、撮影地は只見線ですね(笑)
なんで日中線の会津坂下~若宮になってるんでしょう?コピペの修正ミスでしょうか(笑)

あべくま #.XQnUga2 | URL
2015/02/22 10:03 | edit

あべくまさん

お久しぶりです。大酒呑みの奥さまはおげんきでしょうか?

これを写した当時は厨房の身、ダイヤなんてわからなかったなぁ。
陸羽東線のC58を写したくて出かけ、帰路に立ち寄った会津でした。
会津若松は親父の故郷で、このときも泊めてもらったと思います。

ちなみにこれは上り列車だったと記憶しております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/02/22 18:56 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/2023-19978114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。