FC2ブログ

恵庭岳と夕張川の堰、そしてD51が行く(室蘭本線)

皆さん、こんばんは。
今では単線化してしまったこの区間、
「鉄」も車も写り込んでいないのは貴重かもしれない。
よく見れば、客レを牽く下りD51はカマボコ仕様のようだ。

恵庭岳と夕張川の堰、そしてD51が行く(室蘭本線)

1973年12月27日 室蘭本線 栗山―栗丘

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

Nikomat-FTn 50mm f1.4 Tri-X ASA400 Microfine 20℃-9.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX
関連記事

コメント

コメント(8)
昔日の感が
このまえ撮影場所不明のコマで室蘭本線の単線区間を探していましたら、
なんとこの栗山ー栗丘のこの区間が単線になっていると知り驚きました。
あんなに走っていた貨物群、隔世の感ありです。
時代は変わり過ぎました。私の頭は惚けたままですが(爆)

1973年12月といえば九州最後の冬、私には北海道は遠すぎました(笑)
雪の中のSL、 羨ましく拝見させてもらっております(^^)

郷愁紀行

2015/02/26 URL 編集返信

D51が牽引する客レとなればこれ225レですね。
12月13日までD51が牽いていた列車を翌14日に最終客レとして
C57135に牽かせた曰くつきの列車。
ん?2月25日に225レ…仕込みましたね(笑)

この角度、もう少し右に振ると夕張鉄道の赤いトラス鉄橋が見えたのでは?
そうそう、88年のC623復活時、最終運行を終えた翌週の10月23日に
岩見沢~追分間でC623が走るとスジまで立ったのに昭和天皇のご病気による
自粛で急きょ取り止め。この栗丘~栗山をどう撮るかなんてワクワクしていただけに
残念至極の中止でした

ひぐま3号

2015/02/26 URL 編集返信

これはまた凄い!
恵庭岳まで臨むロケーションだけでなく、この階調、このレタッチがたまらないっすね。
BL1からBL100までフルに活かしつつも、飛んだ個所、つぶれた個所がまったくない凄さはどうしたもんでしょ。
撮影段階からのオールデジタルですと、ここまで望めないかもしれません。
くろくまさんの「ほれっ、どうよこれで」というしたり顔が浮かびます。
TXはマイクロドールの原液と1:3の使い分けというのも行く道だったかなと揺らぎます。

列車はひぐまさんおっしゃいますようにまぎれもなく225列車ですね。
未熟者、平地者の私なんぞは、この場所での225列車はただの逆光と捨ててかかり、画面中央部の下り線に立ち、上り線を行くカマの真横の流しなんてのを飽きもせずに撮っておりました。

とおりすがりです

2015/02/26 URL 編集返信

 くろくま様 綺麗ですね 自分も栗丘は2回ほど行っていますが、この位置には立てなかったなぁ 貴殿のこの栗丘周辺は工夫の宝庫ですね。

koppel-2

2015/02/27 URL 編集返信

郷愁紀行さん
はい、下り線の隧道がやばかったみたいです。
でも、グーグルアースなどで確認すると当時の面影は残ってますよ。
この辺りの蒸機の本数は、北九州の中間近辺や中元川橋梁のようなもので
二時間もいれば厭きてしまうような場所でした。
それでも、雪景色とC57客レの魅力で粘ってみたりしてました。
そんなわけで、いろんなアングルを試してみた思い出の地と言えましょう。

翌1974は北を捨てて春・夏ともに九州に出向いたくろくまでした。

くろくま

2015/02/27 URL 編集返信

ひぐま3号さん
>2月25日に225レ……
あははっ、な〜んも考えておりませんでした。

>もう少し右に振ると夕張鉄道の赤いトラス鉄橋が見えたのでは……
別カットも探してみましたが、残念ながらそれらしきものは。

>岩見沢〜追分間でC623が走るとスジまで立った……
え〜っ!? 初耳です。栗丘でのC623、見てみたかったなぁ。
3ちゃんコレクションが増えずに残念でしたね。

くろくま

2015/02/27 URL 編集返信

とおりすがりです さん
トライXが名フィルムと言われる所以が分かりますよね。
当時、現像する際にブロムカリを少量足して原液処理していたかも。
中低感度の場合、粒状よりも鮮鋭度重視で希釈しておりました。

>未熟者、平地者の私なんぞは……
何を仰います。当時のその試行錯誤が花開いたではないですか。
私なんぞもこの場所からの引き画が少なく、未熟この上なかったです。

くろくま

2015/02/27 URL 編集返信

koppel-2さん
ありがとうございます。
栗丘では本数が多く、すぐに厭きてしまいましたので
「こう撮ってみようか」などとさまざまに試行錯誤を重ねました。
一日2本のローカル線ではこうは行きませんものね。

くろくま

2015/02/27 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV