くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静寂(夕張線)  

皆さん、こんばんは。
今日は寒かったぁ。
明日は東京、19℃の最高気温とか、
身体がついていけません。
あっ、花粉も多く飛散するらしいですぜっ。

寂寥感(夕張線)
今回も既出画にて失礼いたします。
夕刻迫る時間帯、D51がやってきた。
ASA25のコダクロームでは車体が止まるはずもなく、
いびつな前照灯がこころに残った。
枝についた雪が悪魔の森のような印象だった。

1978年12月25日 夕張線 追分—東追分

Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事
コメント

くろくま様 自分は寧ろ先日の沼ノ端の方がタイトルを感じました。
この区間はきっとファンも居ないだろってお気に入りだったんでしょうね。 住宅地に変わることの多い鉄道沿線 でもここで変わったのは線名位でしょうか?

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2015/03/04 09:06 | edit

追分~東追分って近いようでかなり距離があったのですね。
確か駅間4km程度でしたっけ。この辺りで4kmっちゃお隣って感覚成れど
追分自体田舎町で4kmも離れたらすっかり原野の中ですよね。正しく「静寂」の世界そのもの
その静寂を裂くようにリズミカルな金属音を刻んでD51が駆けて来る感じが音の無い静止画なのに
頭の中にその音を響かせるから不思議です。それだけ見るものを画の中に引き込む画ってことなんでしょうねぇ~

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2015/03/04 20:27 | edit

koppel-2さん

沼ノ端に似合っていたという「寂寥感」のタイトル、変更いたしました。
東追分はお気に入りの撮影場所でした。
他がどんなに混んでいてもここと十三里だけは人がいない夕張線、
石勝線と名前を変えて、今この辺りはどうなっているのでしょうか。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/04 22:01 | edit

ひぐま3号さん

仰る通り、追分—東追分の駅間は4.3キロでした。
掲出している写真も実際のところ、東追分—川端かもしれません。

原野のなかの葦の繁る世界は曇天や夕刻に情緒を感じるもの。
今でも独りっきりの孤独と静寂が蘇ってくるような気がします。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/04 22:07 | edit

この作品の凄いところ、それはピントをカマではなく手前の木々に持ってきているとこですよね。
1/2か1/4くらいですから、被写体ブレは折り込み済み。
それならアウトフォーカスにしてしまえ、と。
望遠レンズのボカシは誰でもやりますが、標準レンズや広角レンズのボカシはなかなかやれません。
もう、絵が美しいとした言いようがありません。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2015/03/09 21:50 | edit

とおりすがりです さん

当時のくろくま、リバーサルはASA25のK-IIのみでした。
ここ東追分では単独行動でしたので、誰にも気兼ねなく写してた。
夕刻になると一番明るい50mm f1.4の出番です。

メインはつねにモノクロの135mm f2.8でしたが
2カメ、3カメ、4カメ時代のリバーサル一発撮りは最高でしたね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/10 22:40 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/2035-889673f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。