FC2ブログ

私的「40年前の“今日”へ」渡道4日目(湧網線)

皆さん、こんばんは。
温かいというよりはむしろ暑い一日でしたね。
桜の開花も早まったとのこと、千鳥ヶ淵でも行ってプハーッでもしたいもんです。

私的「40年前の“今日”へ」渡道四日目(湧網線)
さて、渡道4日目はまたしてもキューロクを求めてローカル線へ。
1日2本しか写せなくても、初めての場所に行くのが楽しみになってきていました。
流氷の接岸する浜には物悲しい光景が広がっていたよう感じがして寒さを忘れて見入ってました。
(すみません、これも既出画でございます)

この日は同行のOくんと池北線の日ノ出駅(委託駅)で宿泊し、翌日の池北に備えました。

3/17の行程 旭川 大雪5号→遠軽 622D→中湧別 921D→浜佐呂間 922D→知来 925D→能取 927D→網走 1572D→北見 →日ノ出

1975年3月15日 宗谷本線 常呂港―能取
Nikomat FTn 35mm f2.8 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

※データ修正しました。koppel-2さん、ありがとう
関連記事

コメント

コメント(6)
 くろくま様 うわぁ・・・ラッスンゴレライなんですの 28mmでの画像化とおもいましたよ。ASA32で使用すると荒れる感じになるのでしょうか?

koppel-2

2015/03/18 URL 編集返信

流氷が海を覆い凍てつく海岸線と繋がるも、その表情ははっきりと海と陸地を区分する写り
こう言ったテクスチャーが解る画って凄いなぁと改めて思わされます。
湿原号を撮る際に、雪原と凍結した湖沼や湿地との質感の違いを求めて見るのですが
そうそう簡単には行かずですので、構図の組み方と露出ワーク、そして光周りの使い方が
大変、勉強になります。もっとも今勉強しても来シーズンはすっかり忘れているひぐまですけどねぇ〜(笑)

ひぐま3号

2015/03/18 URL 編集返信

軌道が珍しくオホーツク沿岸を走り、ここを最後に岬の中へと飛び込んでいくこの場所、あの頃撮れるとは夢にも思っておりませんでした。
海氷が興浜北線より北まで覆い、海氷当たり年となったこの年、3月も下旬になろうとしているのに海岸線をこんなに見事に埋めています。
小さく扱った灯台、もっと小さく扱った9600、グッときますね。

下り夜行大雪は遠軽での暖房管解放のため白滝付近でDD51はSGの送気を止めてしまいますから、室内が寒くなっていく遠軽近くでは朝の4時だというのに寒くて目が覚めたものです。
眠い目を擦りながらもっと寒い1番ホームに降り立ち、その中湧別方にあった名寄本線0番ホームへ向かうと、そこには暖かいキハ22が待っていました。
ついつい熟睡してしまい、起きたら渚滑なんてこともありました。

とおりすがりです

2015/03/18 URL 編集返信

koppel-2さん
健全な年寄りですから「8.6秒バズーカー」なんて知りません。
画像はモシカスルト28ミリなのかもしれません。
でも、モノクロの135ミリ画との比較から35ミリといたしました。

ASA25と32、ほとんど同じ露出でしたよねぇ〜。

くろくま

2015/03/19 URL 編集返信

ひぐま3号さん
ここにたどり着いたとき、「げっ、遠い〜っ」と焦りまくり。
とりあえずモノクロはカマが分かるようにとセッティング。
カラーは勿論流氷がメインでしたぁ。

なんとか丘陵にキューロクが姿を現わしてくれておりますが
キズやらカビやら相変わらずの写真になっちゃいました。
こんなときの画は北国の空を焼き込める条件がいいですね。

くろくま

2015/03/19 URL 編集返信

とおりすがりです さん
前回の望遠画のときも記しましたが、湖沿岸を走る湧網線、
ここがオホーツクとの出会いでした。
そして都合良く流氷に出会えてラッキー。

>下り夜行大雪は白滝付近でDD51は、室内が寒くなっていく……
はいっ、幾度も経験いたしました。
車輛を移っても寒さが変わらないので寒さに打ち震えておりました。
乗り換えの列車が温かいとき、至福のときを感じたものでしたね。

くろくま

2015/03/19 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV