くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的「40年前の“今日”へ」渡道11日目(興浜北線)  

皆さん、こんばんは。
今朝は予報通りに冷え込みました。今これを記している時間も暖房を入れてます。
でも週末には20℃超が予想されており、各地でお花見が繰り広げられるんですね。
蒸機屋としては、白煙とのさよならと春霞に恨みがましい思いもあるんですね。

さて、渡道11日目は初めての興浜北線へのチャレンジを行ないました。
音威子府(この駅、なぜか目覚めちゃうんですよね)3時8分に到着です。
4時14分発のディーゼルまでの間、名物の駅そばを食したかどうか記憶にはありません。

私的「40年前の“今日”へ」渡道11日目(興浜北線)
興浜北線といえば、斜内の灯台近辺が有名撮影地でしたよね!
でもね、ロケハンも兼ねて終着駅まで行ってみると、格好の丘を発見したんです。
丘の上から8981レを撮影してから荷物をそのままに一度駅まで戻り、自炊の昼食を摂り、
午後になり再度丘に登り、返しの8982レを撮影することができました。

この日、浜頓別—斜内のディーゼルでアンギュロンさんとご一緒だったらしいです。
当時の記憶は曖昧なことこの上ないのですが、確かに出会いはあったんですね。

3/24の行程 りしり→音威子府 728D→浜頓別 928D→一浜頓別 728D→音威子府 礼文→旭川
(今日もゴミだらけの画にて申し訳ござんせん!!)

1975年3月23日 興浜北線 北見枝幸―問牧
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事
コメント

くろくま様 斜内は燈台と絡めるとこでしたよね。S49夏に地元のSさんが撮っていたかな。しかしこの画凄いなぁ・・・駅に居た数人もついてきたと聞きましたが、蒸機写真自体が変わった出来事だったでしょうね。 自分は5日後の28日に隣の問牧で俯瞰しましたが、天気にも恵まれず惨敗でした。 40年前は本日終業式で出発でした。そうそう はつかり5号の中で ランチコート トランク型の銀箱の星人が何故か前出のSさん母校の体育ジャージを着ていたのが不思議でしたよ。確かSさんはこの休みは参戦していなかったです。 

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2015/03/24 22:47 | edit

北見枝幸のこの光景、何度拝見しましても心に響いて参ります。
海氷のラインがこれくらい上がっている方が海らしくていいかもしれませんね。
風に具合によって海氷が行ったり来たりするこの頃ならではの作品であります。

利尻の音威子府降り、私は辛かったです。
素性を疑われておりますこの年の2月、私は興浜北線9600ラッセル狙いで3回下り利尻音威子府降りに挑戦いたしました。
でも、非情な吹雪と積雪によって、実現できたのは唯の1回だけでありました。
それ以外はDD14重連特雪が利尻の前を走って開けていくも、朝までに音威子府に到達できませんでした。

今日、日豊C55+C57さよなら運転から戻りました。
明日の修了式が終わりました夜、急行八甲田に乗ります。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2015/03/26 01:09 | edit

この高見を二往復ですか~
流石に若さの証ですね!でも二往復して上下とも撮りたくなる気持ちが
痛いほどわかる眺めですよね。
先般の広尾線の海絡めといい、凄い着目点にただただ驚くばかりです~

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2015/03/27 17:21 | edit

koppel-2さん

興浜北線、初めてでしたから事前の情報よりも我が目を信じた次第です。
道内のローカル盲腸線は、まず終着駅まで窓からロケハン。
この間、同行の連中が「あそこで写そう」などと言ったためしなし……
このときは北見枝幸駅にいたファン二人を伴って登ることになりました。

ランチコートに毛糸帽、飯盒持参ででっかいパンを食っていた星人、
たしかにジャージを着ていた記憶があります。この春以降会ってませんね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/27 21:29 | edit

とおりすがりです さん

当時は鼻が利いたのかな、登るところ殆どでいい景色を望めました。
(もっとも吹雪敗退なども経験しておりましたが……)
ここで流氷に遭遇したのには正直ビックリしちゃいましたよ。
あんなの鱒浦から止別辺りのものだとばかり思ってました。

さて、音威子府降りがつらかったですかぁ。
旭川待合でうたた寝をし、0時20分に「利尻」乗車した場合、
3時8分の音威子府到着時には目覚めなくとも23分間の停車時間には
空腹に駅そばの香りも手伝ってか、必ず目覚めたものですよ。

それにしても当時興浜北線でラッセルを狙ってた高校生は生意気すぎます(笑)

疑惑の貴殿が北の地に舞い戻ってくるのを緋牛内でお待ちしております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/27 21:43 | edit

ひぐま3号さん

あのね、高校生にとってはこんな丘、駅から30分もかかりません。
今なら2時間以上かかりそうですけどね(笑)

冬場の北海道は雪のおかげで遮るものがなく、勾配があれば白煙ゲット、
おまけに海なんぞ入れることができた日にゃ大満足でした。
そして、それは今でも大切な宝物です。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/27 21:47 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/2057-4490fef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。