くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的「40年前の“今日”へ」渡道12日目(上砂川支線)  

皆さん、こんばんは。
朝晩の冷え込みはありますが、日中はすっかり春ですねぇ。
桜もどんどん膨らんで週末は各地でお花見が催されることでしょう。

渡道13日目は旭川ステーションホテル(あくまで駅雑魚寝)からのスタート。
上砂川を拠点に5981レを撮影し、歌志内線の5681レ、5985レをゲットし
鶉駅から炭住の丘に歩いて行って5987レを撮ったようです。

私的「40年前の“今日”へ」渡道12日目(上砂川支線)
歌志内線には文珠付近のようなプチ山間がありましたが、こちらの沿線は整然と並ぶ炭住ばかり。
たぶん今となっては夕張のような閑散とした景色になっているのでしょうね。

3/25の行程 旭川 レ不明→砂川 923D→一上砂川 932D→砂川 レ不明→小樽 からまつ
今回も既出画にて失礼いたします←こんなのばっかり……


1975年3月25日 上砂川支線 下鶉―鶉 D51牽引貨物列車
Nikomat FTn 28mm f3.5 PL使用 K-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事
コメント

 くろくま様 上砂川線の雪の有る頃は砂川の発車を撮影したきりで沿線に撮影に出向くのは最後の夏でした。
 夕張もそうでしたが炭住街から生活臭を含めて蒸機を撮りたかったです。結構本数も有ったから惜しいことをしました。でもそれは今だから言えることで、当時は人が入るのを極端に嫌っていましたからね。勝手なものですよ。
 40年前自分もやっと摩周丸で道内入り帯広を目指しておりました。この旅行で同行したクラスメイトのSくんの親戚が帯広という事でフジモリ食堂に行っています。メモによるとからまつで翌日が文珠でした。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2015/03/26 09:21 | edit

40年前シリーズ、とてもいいですね。 42年前、 カラーは、現像も高く
引き伸ばしにもお金がかかるのでほとんどなしです。
リバーサルフィルムを何本か撮りましたが 変色し見る影
ほとんどない状態です。
こうしてカラーでの映像見られるの、景色も良く素晴らしいです。

(^0^)

EXTRA #UYfCdQ96 | URL
2015/03/26 12:47 | edit

この住宅街、凄く懐かしい雰囲気です
何故なら、幼少の頃済んでいた町営住宅がこんな感じの作りでした。
すぐ裏手に丘陵があり冬場にはそこで橇遊びやスキーに興じることも
その時見た眺めに被るものがあるのです。
もっとも上士幌から北上する蒸機は週一でしたから、この眺めのように
遠方に煙が流れるのは記憶になく、かえって授業中に見た校舎の3階から
見た眺めとリンクします。
思い出話しに終始してしまいましたが、このような切り口で撮ると言う
発想と行動に驚くばかりです。

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2015/03/27 17:22 | edit

koppel-2さん

この近辺の炭坑路線、冬場はそれなりに撮影できたのですが
夏場はきつかった。暑さや湿気もさることながら、景色があばれてた。
「発車や機関区で写す位なら峠に向かって歩け」が信条でありました。

貴殿は摩周丸での入道でしたか? こちらはただ35便としか記録してません。
離道の青函連絡船は羊蹄丸って記してあるのですけどねぇ。
さあ、この後は接近遭遇が続くのですね、楽しみです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/27 21:56 | edit

炭住が主、カマが従ときましたか。
今ならともかく、当時炭住が珍しくも何ともなかった頃にこの構図をいけるというのは驚異的であります。
それもKIIときますからたまりません。
たしかに、上砂川支線はどこに行ってもこんな景色が続いていました。
昨年の年末、この廃線跡を少しばかりたどりましたが、そのすべてが消え去っておりました。

昨日九州から戻りまして、今日修了式に出席しましたところ、無事高2に進級できておりました。
というわけで、今晩の八甲田で出発いたしております。

疑惑じゃないとおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2015/03/27 21:57 | edit

EXTRAさん

ありがとうございます。
貴重な過去画などしっかりROMさせていただいております。
それにしても相変わらず精力的な活動に頭が下がります。

カラーの話、
当時46年、47年にはネガカラーでした。
48年春からはフジクローム、夏にはエクタクローム、
そして、49年春からはコダクロームを使うようになりました。
このコダクロームIIとの出会いが最高の結果をもたらしてくれたようです。
現在のデジタルでの発色より全然すばらしかったと思ってますよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/27 22:03 | edit

ひぐま3号さん

以前、お話ししたときもそんなことを伺いました。
くろくまには実家の近くの写真がなくて当時が分からないのですが
幼少のころ、家の前にあったコンクリ製のゴミ箱とか記録しておきたかった。

道内のローカルを俯瞰して楽しんでいたころですが、
ここに来たとき、炭住を入れて写したいとしっかりした概念から
こんな画像を写しましたが、記録でもあり記憶でもある一枚になったかな、と。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/27 22:13 | edit

疑惑じゃないとおりすがりです さん

おっ、とうとう北国への旅立ちですね、お待ちしております。
当時のメモを発見いたしました。
15日前の「八甲田」は7分遅れの出発だったようです。
くろくまが乗車したのは7号車20B、オハ472195でした。
黒磯発車直後に乗船名簿(松前丸)が配られたと記載されています。

で、気になるのは「23 重連 三股」「20 予定」の二行でした。
これって士幌線サヨナラの当初予定だったのでしょうか?
13日の旭川で記していたようです。

上砂川支線沿線の移り変わり、想像するだに淋しいものがあります。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/03/30 20:08 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/2058-b3180f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。