FC2ブログ

私的「40年前の“今日”へ」渡道16日目(幌内線)

皆さん、こんばんは。
土曜日は出社、ひぐちゃんたちの大井川遠征に心、仕事にあらずでした。
日曜日は雨の天気予報、しっかりと呑み寝を決め込んでしまいました。

50キロ以上の荷物とともに行動しておりました40年前ですが、
この日は幌内線の奥に足を伸ばしました。
三笠あたりではたくさんの「鉄」がおりましたが
その先、幾春別寄りに来られる方はおられませんでした。

私的「40年前の“今日”へ」渡道16日目(幌内線)
駅構内で入れ替え作業をしたD51は幾春別に向かって走っていきました。

3/29の行程 岩見沢 621D→幾春別 622D→唐松 レ不明→岩見沢 かむい?→ 旭川

1975年3月28日 幌内線 唐松—弥生 D51367単機
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃-11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事

コメント

コメント(8)
背景の山並といい、構内の風情といい、趣のある素晴らしい画です。
幾春別に転向しに行くんですね。
仰る通り、幾春別方ももっと撮っておくべきでした。反省・・・

ぜっきあいず

2015/03/30 URL 編集返信

くろくま様 40年前の本日は三笠でしたか。今では鉄道村でしたっけ、長男・次男を連れてS304に乗りに行きましたよ。それだってもう20年前です。40年前は土曜日でした。勇知で9600を撮ってから、旭川に戻りTVの前で席取をしたのは、駅前のカレ-屋で食べてからの19:00頃でしょうか 傷だらけの天使の最終回『祭りの後に彷徨の日々を』観ましたよ。 この番組の提供かどうかは失念しましたが、四葉3.4牛乳のCMを飛雄馬がやっていたのを覚えています。 

koppel-2

2015/03/30 URL 編集返信

小さな田舎町なのに異様に大きなギャンブレル屋根が特徴の
唐松駅でしたよね。
何やら、廃墟となった駅舎が復興されて保存されているとか。

北海道で最初に弁慶や義経なんて名前の罐が走ったこの路線
生まれたのは石炭産出、死んだのは国策による石炭の国内算出廃止
この地を95年もの間、その石炭を燃やして得た蒸気動力で運んでいた末期の姿
そしてこの罐を追いやった赤い内燃機関車すら消えゆく40年の歳月に
諸行無常を感じずにはいられません。

ひぐま3号

2015/03/30 URL 編集返信

牽いてきたセキを置き去りにして幾春別へと向かうD51単機、いい感じじゃないですか。
道床がむき出しになっている時の見下ろしの構図で白煙はうれしいですね。
風もちょうどいい感じで煙を傾け、注文通りに山々が綺麗に入りました。
あ、信号機を見ますと幌内線の本線は自動閉塞だったんですね。

幌内線には昨日おりまして、昨晩の下りからまつに乗り、今日は広尾線におります。
忠類-上更別間での1892列車の撮影が終わり、後続のDCで帯広に戻りました。
これから帯広運転区へ行って、最後の士幌線貨物延長運転を確認して参ります。

とおりすがりです

2015/03/30 URL 編集返信

ぜっきあいずさん
ありがとうございます。
とりあえず出かけておいてよかったと思ってます。

当時は臨貨も含めると岩見沢—三笠に5往復、三笠—幾春別は4往復、
三笠—幌内はなんと9往復もありました。
一日一往復しか写せないローカルを巡っいた割りには弱気な
撮影だったような気がしますが、もう取り戻せません(笑)

くろくま

2015/04/01 URL 編集返信

koppl-2さん
国鉄蒸機終焉後も鉄原コークスではS205、S304が働いてました。
その気になれば渡道も続けておりましたので写せたのですが、
食指が動かなかった現実があります。

旭川での「傷だらけの天使」はよく覚えておりますが、
30日の記録にある、風呂「白山湯」が思い出せません。

くろくま

2015/04/01 URL 編集返信

ひぐま3号さん
あはは、唐松駅舎の記憶はまるっきり失われております。
先に廃止された手宮線とともに道内屈指の歴史を持つ幌内線、
石炭に翻弄されたというか時代に流されたというか……

当時は全国の国鉄路線図を記すことができ、乗換駅もみんな覚えてました。
今では無意識に翻弄されたというか記憶が流されたというか……

くろくま

2015/04/01 URL 編集返信

とおりすがりです さん
じつはこの日の行動が解せないんです。
上り大雪5号で岩見沢に5:33に到着、5:46の621Dで幾春別まで行ってます。
これは勿論ロケハンのためだと思われますが、折り返して唐松で撮ったのが
5691レと単5691レだけなんです。時刻はまだ7時40分ごろ、、、
さて、その後どうしたのかがスッポリと抜けています。
旭川で銭湯に入ったという記録はあるのですが……

とおりすがりです さんが帯広におられた頃は旭川ステーションにいたはずです。

くろくま

2015/04/01 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV