くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的「40年前の“今日”へ」渡道18日目(石北本線)  

皆さん、こんばんは。
今日も暑かったですね。近所の公園にはお花見の方々で大にぎわい。
敦賀気比の松本クン、二打席連続満塁打すごいね!
ハリルJも快勝、Lionsは開幕四連勝、浦和を下した東海大四は札幌にあったのですね。

渡道も早や18日目となりました(出発が3/12の八甲田でしたから実質20日目)。
大雪くずれで美幌に到着すると、これから乗る522レの引率はC5833でありました。

私的「40年前の“今日”へ」渡道18日目(石北本線)
たった一駅の乗車でしたが、オハ62 7のデッキにてパチリ。降雪のラインがきれい!!
この日は朝から雪が烈しく降っており、行きたかった美幌峠お立ち台には行けませんでした。
この日このとき緋牛内の小さな待合いで、とおりすがりです さんとの出会いがあったのでしょうか?
雪止まぬなか、朝7時17分から夕刻17時44分までの10時間超、ぼくはここに居たんだよね。
寒かっただろうな、ちゃんと自炊でご飯炊いたのかな?
あのときの自分や仲間たちが無性に恋しい。これも歳だね(笑)

3/31の行程 大雪5→美幌 522→緋牛内 566D→北見 大雪4号/天都→旭川

1975年3月31日 石北本線 美幌にて C5833牽引 522レ内にて
Nikomat-FTn 35mm f2.8 Ilford-FP4 ASA125 Pro-Microl1:3 24℃ 13min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事
コメント

くろくま様 今にして思えばC5833での移動って贅沢と言うか羨ましいなぁ  あのデフレクターのJNRマークカッコよかったですね。 自分はこの日 標津線 翌年大井川で逢う事になる227を撮りましたっけ。『罐に乗る』 渋谷区が決定した同性カップルの認定と相まって話題性の高いUPなのだろうか?

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2015/04/01 00:24 | edit

FP-4にプロマイクロール、実にいい階調であります。
現像液を捨てる時にビックリするほど真っ黒なのに、どうしてこんなにきれいな黒が出るんでしょうね。
舞い込む雪を写し込み、あの頃我々がいつも見ていた光景を再現されました。

522列車が最終運用迫る33号機なので、私は下り大雪5号~1527列車を緋牛内で降り、行き掛けの駄賃で418号機牽引1527列車の発車を撮り、端野方へ移動して33号機牽引522列車を撮影しました。
その写真はお送りしたことがありましたね。
522列車の撮影から戻ると、そこにくろくまさんがいらっしゃったはずです。
酷い雪で、次の575列車の撮影に出るまで、待合室のストーブですべて乾かしました。
575列車は本務機がC58 119号機で次位には美幌入換用9600回送機が付いていましたが、私の写真では雪で9600のナンバーが読み取れませんで、いつでしたかうががった次第です。
その575列車を撮影した後も待合室で雪まみれの機材と衣服を乾かしました。
おそらく、くろくまさんも同じ場所にいらしたはずです。
そして、これは早く北見地方を脱出しないと明日の士幌線十勝三股臨貨へ行けないとの危機感を感じ、ひと足早くDCに乗り、北見で大雪3号に乗り換えて札幌へ向かいました。
無事、今晩のからまつに乗れました。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2015/04/01 22:21 | edit

渡道18日目、まだまだ続くようですがこれだけ続けることが出来たのは、やはり若さと蒸気に対する強い思いがあったからなのでしょう。
緋牛内で1527レを下車すれば522レが撮影できたものを、それをせず敢えて美幌から522レに乗車した目的はこれだったのでしょうか?素晴らしいです。
私はと言えばC5833、この後北見機関区で眺めていました。

高辻烏丸 #- | URL
2015/04/01 22:33 | edit

C5833のナンバープレートを見ると思い出すのが拓本
キツネメと二人して池田機関区で取ったものでした。
深い緑に染められたプレートでしたが、その深緑のはく離した部分に
赤い下地が見え、昭和47年の鉄道100年記念時に後藤デフを移植して
ナンバーも赤に染めてと言う装飾がなされた証でした。
現在、清里町に保存されている33号機、今はプレートが赤染です。

ひぐま3号 #X.Av9vec | URL
2015/04/02 23:23 | edit

koppel-2さん

貴殿は当時、「淳子となかよし連盟」と翻訳されてましたね。
このころ、初めてオリコンチャート一位となったのが「はじめての出来事」
百恵ちゃんは「冬の色」、「湖の決心」で頑張っていたようです。

残念ながら227には会えなかったけれど、翌年7月には大井川で会えたよね。
渋谷区よりもフランスの同伴ポスターに驚きを隠せません。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/04/03 19:02 | edit

とおりすがりです さん

プロマイクロール原液現像の際は3回使いましたから、最後は醤油でした。
でもね、組み合わせ次第ではとっても諧調のある写真を提供してくれてます。

最前に見せていただいた写真、PCが次々破壊されるなか、しっかりと保存されてます。
522レで一駅戻ったくろくま、目の前にはドカ雪と小さな待合。
たぶんこの日は殆ど待合におり、自炊したり時間調整していたはず……
ここで顔を会わせていない訳はありませんよねっ!

この日のドカ雪は上り大雪を直撃したようで、閉じ込められた方々も多数おられました。
こちらはこの春のパターン、大雪4号での帰旭川ということで無事を得たものです。

……あの狭い待合、たぶん言葉を交わしていたんですよね、
  互いに自意識過剰の撮影で、敢えて無視しあっていたのかもしれません。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/04/03 19:12 | edit

高辻烏丸さん

あの日のドカ雪を体験された方がけっこうおられたのに感激してます。
道内のローカル線は、この後4〜7月にそのほとんどが無煙化されました。
この春に頑張っておいて正解だったとつくづく思います。

ちなみに522レがC5833牽引だとは知らず、美幌でおったまげたんです。
それで緋牛内まで舞い戻ったのですが、そうでなければ釧網線だったりして!?
いつの日も偶然は、追想にこってりと味付けしてくれるものですね(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/04/03 19:20 | edit

ひぐま3号さん

くろくまは拓本をとったことが皆無なんです。
荷物が大きく重すぎたのと、機関区めぐりをしなかったからかな。
でも、釧路旅行できみの竹馬の友にいただいた拓本は嬉しかったよ

清里町、斜里岳やオホーツクを眺められる聖地、
ことによると、この日のターゲットだったかもしれません。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/04/03 19:24 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/2064-312842fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。