FC2ブログ

40年と3ヶ月ぶり(渚滑線)

皆さん、こんばんは。
昭和50年3月14日(金)午前4時21分、高校生がふたり、遠軽からディーゼルに乗り込んだ。
暗闇のなか1時間と少し、眠っていたか、それとも車窓を凝視していただろうか。
残念ながら、ふたりの間に会話はなかったし、存在も認知していなかったようだ。
この後、次々と淘汰されていくことになる蒸気機関車をローカル線に求めたのはぼくの中では常識。
人混みや惰性と隔絶された世界で彼らとお別れしたかった……

——ネットの世界は恐ろしい——
つい最近、あれから40年近く経って、遠軽発の622Dに同乗していた方が見つかった。
なんと、彼は同期で同郷の方。
その後、彼はブログを立ち上げ、その記事を記してくれた。何たる感動!

彼から引き継いだであろう写真をなるべくアップで載せてみることにする。

こあらまささんの続き画
1975年3月14日 渚滑線 下渚滑—十六号線 9600型牽引貨物列車

Nikomat-FTn 135mm f2.8 FX ASA32 Microdol-X(1:3) 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

当時の機材
当時の機材は Nikomat FTn が2台と Canon L2 、これを撮影した手持ちは Nikon F。

1975年3月14日 渚滑線 下渚滑—十六号線
Nikon-F 28mm f3.5 FX ASA125 PX(1:3) 24℃ 9.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

8791レ往く
そして、8791レは晴天の下、終着駅北見滝ノ上を目指して駆け抜けていった。

1975年3月14日 渚滑線 下渚滑—十六号線 9600型牽引貨物列車
Nikomat-FTn 50mm 1.4ILFORD FP4 ASA32 Microdol-X(1:3) 24℃ 13.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX


…………………………………………………………………………………………………………………………

なんと………
最近、「彼」からメールが届いた。今日(平成27年6月14日)なら会える、と。
じつに、40年と3ヶ月ぶりの接近遭遇である。彼も呑むのが好みらしい……

順調にE駅で待ち合わせと思いきや、朝から呑んでいたくろくまは遅刻してしまった。
そして自分と異なり、素敵に齢を重ねてきた彼と昼からビールを楽しませていただいた。
その時間なんと7時間、認知症のくろくまは会話の記憶を喪失している次第で情けない。
こあらまさん、なにかしら失礼をお掛けしていたらごめんなさい。
楽しい時間を過ごさせていただけましたこと、心より感謝いたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事

コメント

コメント(10)
昼間っからプハー7時間
飲み屋に入ったのは正午過ぎ、出てきたら真っ暗。それもレジ前の座敷で呑み続ける。これは凄い。
何を話していたかは、詳しくは今となっては定かでないが、面白かったという記憶だけで十分。

くろくまさん、本格的にお目覚めですか?
先日は楽しかったです。脳細胞がかなり壊れたようですが、昼プハーが癖になりそうです。さすがはくろくまさん、いい店をご存じですね。またメールしますから、覚悟しておいてください。
例の渚滑線ですね。こあらまは右から延びる尾根に取り付いているはずです。画を見比べましたが、驚いたことに、どうも1枚目の画は、こあらまとほぼ同じタイミングの画です。煙の色の変化が同じです。くろくまさんの位置もほぼ解りましたよ。いよいよ40年前の下渚滑でのニアミスの状況が鮮明になってきました。
それにしても、くろくまさんの画は繊細に仕上がっています。すばらしい。ちなみにこあらまの渚滑線はNikon Fで、別の角度のNikomat FTnがあります。別角度の画を後日アップします。
しかし、くろくまさんとは色々とご縁があります。大切にしないといけませんね。

こあらま

2015/07/04 URL 編集返信

このパターンは・・・
聞けば聞くほど、くろくまさんと小生の初邂逅を
思い出す、ひたすら飲み続けの一日ですね。
ところで、くろくまさん、お目覚めのようで。
明日は傑作を期待してま~す。

マイオ

2015/07/04 URL 編集返信

感慨
いやぁ、泣けるいい話ですね。
雪上の足跡と、スリックの雲台上のカメラ達の写真も涙をそそります。
それに、7時間では認知症になるのも、よくわかります(笑)。
1975年3月14日・・・お二方と同じ時間を同じ大地で、ぜっきあいずも共有できていた感慨に、ちょっぴり浸っています。

ぜっきあいず

2015/07/04 URL 編集返信

くろくま様 あの時代の高校生罐撮りは 皆さんエネルギーの総てをつぎ込んで、少ない小遣いの中で 追いかけていましたねぇ。 同級・同郷という偶然は如何に都会のファンが目的意識が高かったと言う事なのでしょうね。 七夕出撃 楽しみにしておりますね。

koppel-2

2015/07/05 URL 編集返信

本日はお疲れ様でした。
なるほど、E駅周辺での邂逅はこの話だったのですね。
まるで北方出撃の戦友会みたいな価値有る行動の共有
羨ましい限りです。これはネット社会の功績ですね。
ひぐまにも「あの日、黒石平のホームで君のコーラに
ウイスキーを入れたのは僕ですよ」とか
「さよなら225レを撮ったあの日、一日中行動を共にしたのは
僕たちですよ」とか申し出てくれて、
あの日を思い出し合える集いがなされるような
ネット社会の恩恵を享受したいものです。

ひぐま3号

2015/07/05 URL 編集返信

ひぐま3号さん
そうですね、過去のあの日を共有する方との出会いは嬉しいものです。
ネット社会となり、想像もつかなかったような巡り会いが可能となりました。

思えば、ひぐちゃんとの出会いもネットがあってこそのこと。
昭和50年当時、北海道を享有した方々も多かったと思います。
これからも、「あの頃」の空気感を話題にできる方との出会いを期待してます。

くろくま

2015/07/06 URL 編集返信

こあらまさん
七夕邂逅にから帰宅し、疲労に任せて、レスの順番をまちがえてしまいました。
長時間の「呑み」で、すっかり脳みそが蕩けてしまいまして申し訳ございません。
あのお店、いいでしょう? (最初、一番搾りが出たときには焦りましたが)

写真の件、くろくまも同位置に近いのではないかと考えておりました。
こちら(十六号線側)から見て右側の樹木の陰におられたのですね。
それにしても気品漂うこあらまさんに脱帽、これからもお付き合い願えればいいけど……

くろくま

2015/07/07 URL 編集返信

マイオさん
ご無沙汰でしたぁ。すみません!!
そういえばマイオさんとの邂逅では車中、呑みっぱなしでした。
よくまあ浦山口の危険な撮影場所まで行けたものですね(笑)
そういえば、ひぐちゃんとの邂逅では山登りの前に500mlを2本呑みましたし、
ねこさんとの遭遇の際には、冷えてないビールを持ってきた彼を罵ったものです。
ジョニやんとの邂逅ではすかさず乾杯だったし、宮ちゃんとのときは酒屋に行くことからのスタート、
ご存じのように、くろくまとアルコールは切り離せないものとなっております。

くろくま

2015/07/07 URL 編集返信

ぜっきあいずさん
貴殿は当日、室蘭本線におられたんですよね。
ぜっきあいずさんのお陰で、こんな接近遭遇が発覚したのですから
足を向けて眠れない、ってことです(感謝!!)
あの当時の北の大地を味わった方々から、もっとコメントもらえたら、と思う次第。

雪上の足跡、ぼくも気に入ってます♪

くろくま

2015/07/07 URL 編集返信

koppel-2さん
今ではすっかり惚けた老人間近でありますが、高校生のパワーはすごかった。
体力も創造力も今ではかけらも残っておりません。
それにしてもネットでの交流って凄いことですね。

9月には解体される実家に行ったら、貴殿の「暮色沿線」と「雨のち曇 東京都電」が出てきました。

くろくま

2015/07/07 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV