くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

炎天下の高森で(高森線)  


8/24〜9/6「2015鐵樂者展」

皆さん、こんばんは。
北朝鮮と韓国の間にきな臭い空気が漂っています。
国内でも寝屋川の中学生殺害事件、川内原発の不首尾など問題山積。
天変地異も数多起こり、どうにも釈然としない世相であります。

……………………………………………………………………………………………………

朝食を摂らず宿を出るのは当時の常識でしたね。
この日も水前寺駅まで歩いて始発で立野を目指しました。
この時すでに豊肥線のスイッチバックは写すことができないため
高森線行きのための熊本宿泊になってしまったんです。

立野から歩いて長陽まで。列車に乗って阿蘇下田、歩いて高森でしたかね。

takamori_208
ここでしばし、休息・入れ替えをするC12208を眺めていました。
その後、是非行ってみたかった戸下温泉までタクシーを奮発し、
憧れの光景を撮影したのですが、立野までは歩いて戻りました。

さあ、明日からは初めての南九州、南国のパシフィックに胸が高鳴ります。

あっ、これって私的「43年前の“今日”へ」じゃあないですからね(笑)


1973年日8月22日 高森線 高森構内
Nikomat FTn、135mm f1.4Plus-X ASA125 Microldol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事
コメント

くろくま様 高森駐泊はのんびりしていましたね。 73/8は立野からア-チ橋梁を道路から135mmで撮影 高森に行ったのは翌年74/8 既にDLとの協調運転が始まっておりました。構内機廻しを撮影していたら 駅前の機関士さん宅にまねかれましたっけ

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2015/08/22 07:27 | edit

えっ?

戸下温泉までタクシー?
季節がよければ歩ける距離だけど、
真夏はちょっときついかも知れませんね。

と思ったら、高森からタクシー?
それで戸下温泉から立野まで歩いたのか。
登りだから、これは真夏はきつそう・・・。

マイオ #pcU4xDNY | URL
2015/08/22 22:10 | edit

koppel-2さん

高森の混合列車の駐泊は本当にのんびりしてました。
貴殿はお風呂に誘われたようですが、見ているだけで厭きなかったなぁ。

協調運転はDD16だったのかな? 
この路線が三セクとはいえ、生き残ったのは嬉しい限りであります。
無架線のもと、C12の再来を期待してしまうくろくまでした。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/09/02 19:17 | edit

マイオさん

とにかく、たくさん写したいころてしたよね。
本来、立野からの訪問が主流の戸下温泉でしたが、碧翠楼までは15キロ、
同じ負担なら高森から、と考えたのでしょうかね。
いずれにしても高森線はロケーション的には苦しい線区でしたね。

マイオさんの好きなC56の走ってた妻線にも行ってみたかったな。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/09/02 19:37 | edit

高森駅構内の駐泊所は味がありましたね。
周囲のストラクチャーはもちろんですが、乗務員に加えて熊本機関区の検査掛も駐泊しましたから、絵になるシーンがたくさんあったように思います。
夏の高い陽射しの下、ともすれば背景に溶けてしまいそうな208号機が、周囲をセピア調にすることで浮き上がりました。
とてもいい感じですね。

それにしましても、煙室やケーシングまで含めた208号機のボイラですが、まさかこの42年後に赤く塗られて顔が付いた姿になろうとは、夢にも思わなかったことでしょうね。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2015/09/08 23:51 | edit

とおりすがりです さん

できることなら幾度でも通いたかった高森駐泊所でした。
koppel-2さんたち、お風呂を戴いたりまったりしたところです。

ここも志布志機関区もそうですが、太陽光線と人間が素敵な情景をくれたんです。

>周囲をセピア調にすることで浮き上がりました……
何せ使い回しの画像、なにかしら手を加えなければと試してますが、
いかんせん、Kはリッチブラックにならないので違和感があります。
やはり色分解した後に再度RGB化した方がよさそうですね、反省!

それにしてもこのカマも数奇な運命を辿りましたね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/09/11 22:12 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/2092-a3f6f78d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV