くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

一橋裏見(大井川鐡道)  

もう秋かなぁ、なんて昨日は書いていたのに、今日は暑い一日でした。

北の将軍さまの死亡説などいろいろありましたが、怒りは三栄フーズへ。
日本は農産物の残留農薬などの規制が厳しいということを聞きます。
でも、カビ米、くず米が流通しているわけですから、不思議ですよねぇ。

芋焼酎にカビ米が流入していたのも不思議ですけど、
農水省との癒着があったと考えるのが自然でしょうね。
一橋裏見
31年前の昭和52年8月15日、大井川に来ていました。
抜里よりの茶畑から第一橋梁を撮影しました。
昨日の場所とは反対側からのプチ俯瞰です。
バックのガードレールの右端は「SLの見える丘公園」になってますね。
このころは、この場所から笹間渡の先、地名よりまで写すことができました。
笹間渡後追い
一昨日にアップした場所の手前まで撮影することができたんです。
まぁ、どうでもいい写真なんですけどね。
関連記事
コメント

くろくま様 S52/8というと復活2年目の大井川ですね。この時もキャンプだったのでしょうか? 橋梁の画像は電化区間を感じませんね。

KOPPEL-2 #- | URL
2008/09/13 08:48 | edit

最近、更新時間が午前0時パターンになりましたね~
芋焼酎製造で麹をつかいますが、これが米を原料に作られるんですねぇ~
さてさて、今日の2枚、まるで模型ジオラマの世界って感じのロケーションですね。
30年以上の時が流れても、その雰囲気を保ち続ける路線って、凄いですよねぇ~
ただ、心配なのは「地元の足」になっていないのでは?
そんな乗車率の鉄道、ただでさえ蒸機運行では経費がかかるのに、心配ですなぁ~
個人的嗜好では2枚目の撮り方が好きです。
どうでもいい写真だなんて、私には勿体無くってそんなこと言えない画だなぁ~

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2008/09/13 19:40 | edit

koppel-2さん、
ええ、キャンプだと思います。ベースは田野口に張ったんじゃないかな。
帰りに余った荷物や食料を河原に埋めて「三角岩」を目印に置いておいたのだけど、
後に大井川入りした「ローン固めのS君」には発見できなかったようです。
自分自身、後に探したのですがありませんでした。

雄大な風景と片架線、たしかに電化区間に見えませんね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/09/13 21:04 | edit

ひぐま3号さん、
呑んだくれて更新できないと悔しいので、午前〇時までに予約アップしています。
ひぐまさんの更新時刻と近いから、ネタづくりに一役かえるかな~なんて、ね。

「か〓か」の芋焼酎に、なんで「コメ」?とアタシも思いましたよ。
いずれにせよ、食品偽装で検挙された事例は氷山の一角でしょうね。厭ですねぇ。

大井川ですが、せめて乗り鉄するとか、車で行かないとか、気を配りたいものです。
ボロボロだけど、かつての民鉄特急車両たちは冷房があって嬉しいかぎりです。
三往復の11月にでも、サミットしましょうかねぇ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/09/13 21:13 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/253-50d0366d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV