くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糠平湖に沿って(士幌線)  

今日のまんまるのお月さま、秋らしく澄んだ空に気持ち良さそうに浮かんでました。
Rソックスが追いつめられましたね。明日、松坂が投げて三連勝すればいいなぁ。
日本でもパリーグもCMシリーズ、明日から大詰めを迎えます。
わが獅子チームの勝利を疑ってはいませんが、ダルビッシュくんを打てるかな。
ちなみにセリーグのくろくま予想は、1位どら、2位うさ、3位とら、ですけど~。
糠平湖に沿って
昭和49年12月28日の士幌線、糠平―黒石平です。右の雪原が糠平湖。
以前アップした不二川橋梁の写真の前カットです(ネタが乏しくなっちゃた!?)。
昭和30年に糠平ダム建設のため、清水谷―幌加が新線に置き換えられました。
その折に有名なタウシュベツ川橋梁など、石造りのアーチ橋が主を失ったのです。
上り列車は、糠平湖に沿って大きく迂回して、左上の糠平の町に辿りつきます。
隧道を抜けると不二川橋梁、その後サミットを超えて清水谷へと下って行きます。
背景に見える山はウペペサンケに繋がる尾根、右に行けば名山ニペソツに・・・。
時刻は3時過ぎだったでしょうか、山の影が湖面に延びていますね。
廃線マニアには大人気の士幌線、本当に素晴らしい路線でした。
関連記事
コメント

 くろくま様 この日の士幌線は まさに画面中央のコンクリート橋で下りを撮影していますが、氷結湖面から不二川橋梁を行く臨貨も撮っています。 上りは記憶が乏しくどっかで撮っているのだろうけど、実に惜しいチャンス逃したものです。 さぁ明日は涌井VSグリンだそうで、大宮CS初戦も愉しみです。 埼玉西武側が三塁側ですので内野から応援してきますね。

koppel-2 #- | URL
2008/10/16 22:53 | edit

氷結した糠平湖、この氷の下にはワカサギが・・・
さてさて、画面中央に見えるコンクリートアーチの左上に見える
平たいコンクリ建ての建物はひがし大雪博物館、昔は宿泊研修も出来た博物館で
何度か宿泊研修で利用しています。で、その博物館の手前に建つのが
林野庁の保養施設。ここには何度となく泊まりましたねぇ~何せ家族だけに
殆ど、無料に近い費用でしたからね。
いや~凄く懐かしくなっちゃいました~
あらら、蒸機の画なのに・・・すみません。
不二川の裏山をここまで登るくろくまさんの行動には恐れ入ちゃいます。
我が友はあのトンネルポータル上から8ミリ撮影していましたが、
くろくまさんの画を以前拝見し恐れ入りのランキングが塗り変わりました~

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2008/10/16 23:34 | edit

koppel-2さん

下りが勾配区間ということで撮影されたのでしょうが、上りの煙もよかったですよ~。
せっかくの渡道なのに「遊んでた」なんて情けない。

ともあれ、獅子さんチーム、豪快に勝利しました。
個人的には西口に活躍してもらいたいけど、胴上投手になる可能性はあるんです。

明日からはドラVSトラ。貴殿も忙しくなりそうですねぇ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/10/17 21:50 | edit

ひぐま3号さん

当時、地元だったひぐまさん。いろいろと懐かしい想い出があるようですね。
画像の解説になりますので有り難いコメントです。
いま、考えてみても、高校生のくろくま、頑張ったなぁ。
あのころは怖い物知らずだったけど、今のくろくま、情けないかも・・・。

弱気になってきたら、叱咤激励してくださいな。オネガイ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/10/17 21:57 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/288-4b37e933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。