くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆光の紅葉山  

501221momijiyama.jpg

さて、三日目にしてすでにストーリー性に疑問が生じてしまう。
脈絡がないのだ。どうしよう。そうだ! 蒸機終焉の50年の冬のことから
記していこう。なんといってもこの50年12月21から24日が最期の対面だ。

30年を過ぎた記憶であるので、このテの内容を如実に記したHPなどを
参考にしていただきたい。(逃げの姿勢があらわれているが・・・)
12月14日に某国営放送で百恵ちゃんとC57135(加藤芳郎氏も)が
放映されていたころ、もう気が気でなかった。

期末テストも「現国」をボイコットするという暴挙に出てしまった。
苫小牧発の夕張・登川行きで十三里にて下車。紅葉山で待ち合わせていた
F君とはなぜか会えず、単独行となる。D51241の牽く1791レを撮影し、
紅葉山で仕業のあいだに追い抜き、沼ノ沢へ。
紅葉山まで歩いて戻ってくると逆光に爆煙が妙に立体的に映えていた。

この写真はネオパンF(ASA32)での撮影。粒子は申し分ないが、
硬膜処理を誤ったか、傷、埃だらけのネガ。レタッチに時間のかかる
ネガばかり。この先どうなることやら。
関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/3-958530e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。