くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩狩峠(宗谷本線)  

皆さん、こんばんは。
昨日の忘年会ではひとりが酔いつぶれてしまい、なんと、わがダウンに嘔吐。
無事に比企丘陵の自宅まで辿りつけたかなぁ。随分と酒に弱くなってしまった。

今日は、宿題仕事のデータに不備があったので、会社に出向いて入手してきました。
休みの日は昼からビールのくろくまも、二日続きの忘年会のあとでは流石に自粛。
不景気で、泊まる場所もない方々が大勢おられる折柄、
温かい部屋で酒を呑んでブログ三昧なんて、贅沢すぎるのかもしれませんね。

D51498の最近の情報では、「復活まで一年半」なんてのが出てますね。
来年は上越でのあの雄姿が見られないのかと思うと、残念でなりません。

昭和48年の今日、12月30日。いつものように旭川で駅寝して、早朝621Dで美瑛に。
光量が足りない早朝の貨物を撮影してから、623Dで富良野へ。626Dで旭川へ戻る。
ここからはバスに乗って塩狩へ。和寒まで撮影しながら歩き、再度旭川へと戻っています。

上下「大雪5号」、「利尻」で西でも北でも東でも出向くことができた旭川。
ここを起点にされていた方も多かったと思います。
旭川には実際に安価なステーションホテルがあったのですが、学生の分際では高嶺の花。
駅前で自炊していたあの頃(今やったら捕まるだろうな)が懐かしいです。

塩狩峠(宗谷本線)
1973.12.30 宗谷本線 塩狩―蘭留 
Nikomat FTn、135mm f2.8、FUJICROME ASA100 COOLSCAN5000EDでスキャン
画像処理 Photoshop CS2

今日はお蔵入りだった画像です。申し訳ない。これ、カラーなんですよ。
リバーサルでは富士フィルムのものも使っていたのですが、退色・変色が激しくて。

塩狩峠というと、三浦綾子さんの小説(これって泣きますよね)で有名ですが、
高みを狙って出向いたものの、降雪で断念。321レは昼過ぎに通過。324レは二時過ぎ。
この日の321レは、残念ながらC5787の引率。ディーゼルの補機が付いていたような気が。
今、つくづく思い返せば、稚拙な作画ですよねぇ。まあ、塩狩峠鉄風ということで勘弁。
でもね、このときは氷点下20℃くらいだったんですよ。
フィルムが切れないか心配しました。ちなみに324レは、C5550牽引でした。
関連記事
コメント

写真が凄いです。

アラさんからくろくまさんのブログを紹介されて、写真をを見せて頂きました。素晴らしい写真が沢山あって、一日では見きれずに、何日もこちらに通わせて頂きました。本当に素敵な写真ばかりです。あの時代に、、、う、、、凄い。の一言です。これからも、スキャンやごみ取りなど、凄く大変でしょうけど、色々な写真を見せて頂けたら幸せです。涙が出そうな写真ばかりでした。
本当にありがとうございました。

タンボ #- | URL
2008/12/30 20:11 | edit

くろくま様 自分も49/3末にこのカーブは訪れていますよ。しかし凄い雪だなぁ 寒冷地仕様のC55に憬れましたよ。雪の付いたスポーク動輪 北辺で見ていたけどろくに写せませんでした。 前出のタンボさんはアラサンやOサンから聴いていますけど瀬棚の俯瞰が凄かったと・・・

koppel-2 #- | URL
2008/12/30 21:03 | edit

あら、予想と違った~てっきり池北かと…
でも、塩狩が来たか~って、唸ってます。
三浦綾子さんの小説の元になった殉職の碑があるらしく
この地を行くC55やC57を眺めていたのでしょうね。
「愛は犠牲になれること」ってあの小説が語っていたのですが
タイトルに惹かれ若気で読んだひぐま、活かされてませんなぁ。
このスジはDD53が補機だったようですね。
一昨年、磐越で客レを引き激パになってました。
風雪の中を行くハナちゃんの姿力強く見えますね。

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2008/12/30 22:37 | edit

タンボさん

初めまして。ご訪問、ありがとうございます。
稚拙なブログに過分のお言葉を頂戴し、感激いたしております。

ブログを続けていくことに少し疲れている折柄、
勇気を与えていただいたことに感謝、です。

何やら、細々とでも続けられそうな気持ちになってまいりました。
ありがとうございます。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/12/31 09:17 | edit

Koppel-2さん

本当はこの場所で写したくなかったのですが、この雪ですものね。
仕方ありませんでした。
宗谷では、いつもC55だったのですが、このとき初めてC57に当たってしまいました。
宗谷本線では完全燃焼できませんでしたね。
音威子府から幌延あたりで、高みに登っておきたかったとつくづく思っています。

タンボさんの瀬棚線、拝見したいものです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/12/31 09:22 | edit

ひぐま3号さん

予想を裏切ってしまい、申し訳ありません。
どちらをアップしようかと迷った揚げ句、こちらになりました。

DD53。たしか旭川か深川にトップナンバーがいたような・・・。
うしろと前とで人相のちがう奴ですよね。

塩狩峠といえば、温泉とユースホステル。
くろくまは、現役時代に二泊しています。

さてさて、今日のひぐまさんのアップは何かなぁ?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/12/31 09:28 | edit

くろくま様、Koppel-2様、みなさま、初めまして。突然のコメント失礼いたしました。

アラさんから、みなさんの事を色々とお聞きしていたので、何だか初めての感じがしませんでした。
今後とも宜しくお願い致します。

瀬棚線の写真は、凄い写真って感じでは、ないですけど。機会があれば、是非、見てください。

くろくま様、僕もここ数日は昔の写真のスキャンをしていますけど、ごみ取りが辛いです。良いごみ取りソフトがあると、嬉しいですね。


タンボ #- | URL
2008/12/31 18:38 | edit

タンボさん

紅白歌合戦も佳境に入ってきています。

新さんから、メールでタンボさんについて知らせてきています。
業界では著名のカメラマンとのこと。
お子さんたちに付けた名前が特異とのことなど知りました。

くろくまも十数年、DTPの世界で生きております。
とくに画像レタッチなどは手探りの状況からのスタートでした。

30年前の写真については仕方ないけれど、復活蒸機の画像の質の悪さは恥ずかしい限り。
2009年の復活蒸機は、プロの方にも満足していただけるよう、気を引き締めてまいります。
是非ともお付き合いいただけますように。

また、オフ会の際はご一緒したいものですね。
新さんのお友だちなら、わたしのお友だちと同義語です。
ご遠慮なさらずに、駄目な写真には酷評を賜りたいと存じます。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/12/31 23:25 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/367-75b600f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。