くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空セキを牽いて(根室本線)  

小さな大打者、若松勉氏が野球殿堂入りしましたね。
大好きなバッターでした。小さいのに闘志満々。常に三割を打っていました。
なんと言っても、二試合連続で代打サヨナラ本塁打を記録してますよね。
昭和52年の6月なんですけど、ともに神宮球場の広島戦でした。
たしか、故障中で先発出場ができず、ひと振りだけに賭けていたんでしたよね。

ちなみに得票数から行くと、来年か再来年はトンビこと東尾修氏が殿堂入りしそう。
大ファンなんですよ。先に200敗してから200勝とか、死球日本記録とか・・・。

そうそう、safariからFirefoxにブラウザを変更しました。
結構、軽快ですし乗り換えも楽ですね。

空セキを牽いて1(根室本線)
昭和50年3月30日は根室本線の赤平に行きました。
蒸機晩年でも比較的、人の集まらない滝川―芦別。夕張や歌志内とおなじように
運炭列車が走っていました。下り列車は長大なセキを牽いてヤマに登ります。
いまでは見ることのできない蒸機による貨物やセキ、一見の価値あり、でした~。

1975.3.30 根室本線 幌岡信号場―赤平 D51
Nikomat FTn、135mm f2.8、PANATOMIC-X ASA32
MICROFINE(1:3)24℃11分現像
COOLSCAN5000EDでスキャン 画像処理 Photoshop CS2

おおぞら
おまけに貼っておきますね。撮影地に向かう途中でみかけた「おおぞら」。
キハ82の懐かしい編成でした。このカニみたいな顔がいいよね!!

1975.3.30 根室本線 幌岡信号場―赤平
Nikomat FTn、35mm f2、ILFORD-FP4 ASA125 MICROFINE 25℃9分現像
COOLSCAN5000EDでスキャン 画像処理 Photoshop CS2
関連記事
コメント

 くろくま様 この時は幌岡(信)からのアプローチでしょうか? 赤平近辺は最期の夏でもファンは少なかったですよ。 しかし原液現像が基本のミクロファインを1:3希釈で使用するなんて、マイクロドールーXのデータに準じたのでしょうか? 現像処理についても達人の域を感じていましたよ。

koppel-2 #- | URL
2009/01/14 23:07 | edit

見事な写真ですね。
空セキとは言え、これだけ長いと何tonになるんでしょう? 運転も大変でしょうね。
おまけのキハ82系も懐かしいです。
ちなみに、同じ日に私は何をしていたかと考えたら、自動車学校に通っていました(^_^;)

あべくま #.XQnUga2 | URL
2009/01/14 23:12 | edit

ああ、こんなヤツが走っていたんだなぁ。
赤平は歌志内線を撮りに行ったときに登った神威岳から眺められました。
直線距離にして5キロくらいですが、当時のレンズは135ミリで蒸機は昨日の2枚目くらいの大きさでした。その列車もこのようなセキを牽いていたのでしょうか。遠すぎてまったくわかりませんでした。

あらさん #- | URL
2009/01/14 23:38 | edit

壮観な眺めですね!
これぞ、D51運炭列車って感じがたまりません。
40両以上セキを引くのを編成で撮る姿勢に拍手です。
ホントいい眺めだなぁ~

この日は確か、キツネメ君と池田に居たような…

あれれ?バナーが!ありがとうございます。
ところで、これって「鉄・部屋」からの改?
徒然で作った記憶がないもので・・・

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2009/01/15 01:58 | edit

おはようございます。
凄く長い貨車ですねー。
こんなに長く引いていたんですねー。

8×10はフィルムの事じゃなくて、そのくらいのサイズで画面が確認出来ると良いなー、って思ったんですよ。デジタルなので、外部に出力させて気楽に見れると、良いのかなー、って思ったのですが、画面の質が良く無いとダメですよね。

まるで、歩く事がダメでは無いのですが、昨年の秋の只見線で現地で知り合った方から、誘われて、、、軽く登ったのですが、途中で断念してしまい、凄く悲しい思いをしました。今まで、汽車を撮る為に時間切れはあっても、辛くて断念した事が無かったので、凄くショックだったんですよ。コロラドで、毎日4時間位は歩いていたのですが、それは、平坦な道なので、歩けたのかなー。
こんな話を、あらさんにしたら笑われて、ペース配分が悪いじゃないか、と言われたのです。でも、出来るだけ、がんばりますよ。

タンボ #- | URL
2009/01/15 11:15 | edit

Koppel-2さん

赤平から歩きましたよ~。
50年夏もたしかに空いてましたね。

ミクロファインは、MQタイプですので少し押せばそれなりに現像できましたね。

千葉の温泉みたいなプロマイクロールは厭でした。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/01/15 17:22 | edit

あべくまさん

あれぇ、勿体ない。
北海道に行っていれば、まだまだ撮れたのに。

空セキの長大編成・・・。冬場の夜間の発車の際の響き渡る音・・・。
いまどきの貨物列車からは想像もつかないでしょうね。

秩父で小粒のが走ってるのは貴重かもしれません。
あれって、C58で牽いてくれたら、と感じているのはわたしだけでしょうか。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/01/15 17:26 | edit

あらさん

神威岳も登っていましたか。
運炭列車。たくさん見ましたよね。

歌志内と上砂川支線、根室本線のこの区間は、じつに近かったですね。
現在の撮影環境だったら「長いの」で狙撃してたことでしょう。

昨日の2枚目くらいの大きさなら、自己満足の世界ですね(笑)。

昨年の忘年オフ会の5倍くらいの山登りをしようと思っているのですが、
タンボさんの体力はいかがでしょうか。あらさんの目から見て?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/01/15 17:32 | edit

ひぐま3号さん

いいでしょ。D51運炭列車。
自分の燃料を毎日毎日運んでいたのですよね。

この日ひぐまさんは、キツネメ十勝さんと池北線ではなかったでしょうか。

バナー、勝手に加工しちゃってごめんなさいね。
手持ちのものがおありでしたら取り換えますよ~。

お得意の休刊日アップ、楽しませてもらいましたよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/01/15 17:42 | edit

タンボさん

長い長い。線路端ですれ違ったりして
数を数えていると厭になっちゃうほど。

バイテンはファインダーのことでしたか。
ノートパソを持っていけば見られないこともないですけど、
荷物になるし、液晶の輝度では不安ですね。

時間切れでの撮影し損ねは、わたしにも数多くありますよ(恥)。

只見線は何処を狙われたのでしょう(謎)。

昨年は予定していたのに、行きそびれてしまいました。
その理由はね。あらさんとKoppel-2さんを誘ったら
「登るの厭だ」と言われてしまったからなんですよ。
そうでなければ、ひぐまさんも一緒に一泊旅行の予定でいたんです。

今年は温泉一泊つきでチャレンジしたいものです。

秩父。結構歩くつもりでおりますよ~。お覚悟召されよ!!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/01/15 17:50 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/384-54bdea79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。