くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆地の煙(秩父鉄道)  

菜花のお浸し、スズキの刺し身。春だねぇ。酒がすすむわ。

休みが過ぎると涼しくなるのがうらめしい。行楽日和の土日に撮影できたくせに文句ばかり。
高みで過ごした二日間、いずれも無煙だったものだから白煙が恋しくてならない。
明日は、団臨が走るという秩父鉄道、雨ならば雨で線路端で煙を見るのも楽しそうだ。

東京オリンピック招致のために都知事が走り回っていた。変でしょ!!
このヒト、対アジアでは暴言吐きっぱなし。新銀行東京のときも発起人のくせに逃げばかり。
今回は、媚びへつらって見苦しい。アンタは一体何なんだ?

なんてことは置いといて・・・。今日も語呂合わせで行こうかと思っていた。
C58もD51も該当ナンバーは早くから引退。キューロクでは49620が鳥栖にいました。
これでは、タマがない。ということで秩父モノクロバージョンをアップします。

盆地の煙(秩父鉄道)
昨日の高みからの「おまけ画像」ですが、ここで一番煙が確認されました。
浦山口を出て、車道との立体交差をくぐり、武州中川へかけての直線。
周りには変電所だとか、煩わしい建物が林立してますが、この区間は結構吐きます。
カーブを過ぎて武州中川へ向かう辺りからは煙も下火になってしまいます。
この区間は隔てるものがない区間。いろんな場所から俯瞰しました。
でも、この位置からの構図が今まででは一番よかったような気がします。
秩父での画角も残り少なくなってきました。GWは目一杯、新規開拓してみようかな。

2009年4月19日 秩父鉄道 浦山口―武州中川 5001レ
Nikon D300、VR 80-400mm ED f4.5~5.6D、Raw、画像処理 Photoshop CS4EX
関連記事
コメント

くろくま様 GWは新規開拓宣言でしょか? 今年ばかりはゆめも初日だけで翌日から、母の故郷へ行かねばば成りません。行きに広瀬河原でも寄って行こうかな。未だ学生の身分半分で仕事をしていますが、中々第一希望は難しいですね。 でも千葉県の知事が言うところの『♪青春の勲章は挫けない心だと・・・』 千葉で学んだ自分も未だ学生にさらば涙と言おうとは云えない身の上、相変わらず学割取得の為に授業料を納めています もう少し頭の出来が好ければこんな苦労は無かったのにねぇ
今宵の画像はおまけにしてはいいですね。明日の団臨は気に成りますが行けそうに有りません。

koppel-2 #- | URL
2009/04/20 22:52 | edit

これぞ、おNEWのレンズの真価を発揮と言わんばかりの抜きですね!
確かにこの直線に於けるベストショットですなぁ~
因みにひぐまこの直線は浦ダムから撮りましたが、マンションがバッチリで画にならず~
でした(笑)
今日、息抜きして来ましたが息と一緒に気合まで抜けたような…(涙)

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2009/04/21 17:22 | edit

koppel-2さん

GWは毎年のようにひとりぼっちです(嬉)。
29か2・3日あたり、秩父で呑みましょうか。
都合がつく日があれば、連絡戴けたらと存じます。

「男は熱いこころがあればいい」ですねっ!!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/04/22 07:09 | edit

ひぐま3号さん

やっとこさ、レンズに慣れてきました。
長いタマやら、広角気味の引きやらであたふたしています。
それでも携帯するレンズが2本だけになったので、
用意も片づけも随分と楽になりました。

浦山からだとバックがうるさ過ぎて、ここはキツイですね。
三峰方面からですと横位置で写せますが、遠いんですよね。

平日鉄、来週も行かれるんでしょうか。
週末の天気が悪そうなので、喜んでいるくろくまです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/04/22 07:14 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/485-8883b9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。