くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

安谷川橋梁遠望(秩父鉄道)  

最近は百円もしくは百五円で買うことのできる文庫本に嵌まっている。
好きな時代小説ばかりでなく、昔日の話題作がこの価格で入手できる悦びは大きい。
時代小説は新刊で購入したり古本屋を徹底的に探し回ったので現在は収穫が少ない。
まれに遠藤周作、松本清張、森村誠一などの作品を見つけると、すぐに買ってしまう。
ちなみに、好きな作家は吉村昭、水上勉、永井路子、杉本苑子、司馬遼太郎、e.t.c。
それから推理小説で、解散した岡嶋二人、夏樹静子、東野圭吾なども。

かつて話題作だった別ジャンルの本、例えば『片翼だけの天使』『少年H』『推理小説』
などを読んでみると、それなりの読みごたえがあって嬉しいもんですなぁ。
いまは、真保裕一の『ホワイトアウト』を読んでいますが、じつに面白い!!
まあ、封切りされた映画を見ずに、TVで放映されるのを待ってたって感じでしょうか。
秩父詣の際、片道2時間はこれらの本を読みながら時間を潰しています。
帰りは、ほどよい肉体疲労がありますから、ビールの2本も呑めばしっかり眠れます。

安谷川橋梁遠望(秩父鉄道)
昨日の「高み」・・・。じつは、ここを抜きたかったので登りました。
抜けることは確認済みだったのですが、右下の建物(学校です)が気になりますね。
反対側からの俯瞰でも、煩わしい存在となっており、カットしちゃいました。
あと100メートル登れれば、この位置からでも「いい感じ」なのですが、
この尾根でここより高い場所は、ほとんど走破済。抜ける場所は見つかってません。

これからの季節、土日は秩父のために一応空けております(出社日除く)が、
天候次第での出撃ということに・・・。新たな画を期待されている方、ごめんなさい。
そうそう、暫くは撮影場所当てクイズにしましょうか。
コメントでここだっ! って仰っていただければ、レスしますよぉ。
ついでに現役ものもそうしようかなぁ。如何ですか皆さん?

2009年6月28日 秩父鉄道 5001レ
Nikon D300、VR 80-400mm ED f4.5~5.6D、Raw、画像処理 Photoshop CS4EX
関連記事
コメント

くろくまさん、こん**は。
あれれ、ここは小生が3/29に撮影した場所のような・・・。
伐採地を直登したら、上には細い道があって、帰りはすんなり降りてこれました。

AE86 #OfPflhKg | URL
2009/06/29 21:53 | edit

くろくま様 自分を含め長男・次男の出身小学校の校歌が『♪汽車は行く 僕も行く 私も行く・・・』で始まります。まぁ鉄道の街にふさわしいというか、地域産業でそれしかなかぅたと言うか・・・校舎から鉄道路線が見えます。 自分の頃は川越線の9600 子供の時代は、高架の新幹線でしょうか。 この学校もいい塩梅で建築されていますね。 線路脇に暮らしていると鉄道浴のエキスを浴びて走行音も心地好くなってきますよ。
まぁ我が家では私以外は五月蝿いそうですが・・・

koppel-2 #- | URL
2009/06/29 22:11 | edit

AE86さん

いらっしゃいませ!!
なるほど、拝見するとたしかに・・・。
安谷川のサイドアップだけが頭の中にあったので、見逃していたようです。
くろくまの撮影したこの日、背景の稜線などガスっていて見えませんでした。
このところの秩父はいつもガス・靄の世界。武甲山すら霞んでいます。
登り系にはかなり辛い季節ですね。

ところであそこを直登? すごいエネルギーですね。わたしは山道から登りましたよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/07/01 06:49 | edit

koppel-2さん

わたしの小学校の校歌は
「武蔵野は美しいところ、鳥の歌森から流れ、川風は頬をなでる」
が歌い出しでした。結構忘れないものですね。

この写真の学校、たしか荒川村の中学校。
土曜ですから、屋上から眺めている生徒がいてもおかしくないんですけどね。
大井川のように平日に走っていれば、生徒たちも思い出がつくれそうですね。

例のデジタルフォトフレーム、1分で再生できるようになりました。
次回をお楽しみに!! 今度は西武球場三塁側内野席にでも行きますか?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/07/01 06:57 | edit

手前の学校…ハラ斬り俯瞰から中川を撮った際にもどっかりと存在感を誇示してましたよね。
この鉄橋を逆から真横で抜く立ち位置があるようで、以前雑誌の掲載画で見ました。
くろくまさんのことだから、既に「それはここだよ」って抑えているんでしょうね(笑)
今日から東北ツアーです。また美味いもん喰って来ますね~

ひぐま3号 #- | URL
2009/07/01 10:04 | edit

ひぐま3号さん

えっ? サイドからですか。
それって民家の屋上か、かなり以前の鉄塔からの画ではないでしょうか。
現在は木々に遮られているのだと思いますよ。
よほど高みからなら可能性もありますが、熊出ますよ、その辺り。

東北ツアーですか。相変わらずご多忙ですね。
ますます太っ腹になりそうですね(笑)。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/07/01 17:28 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/555-faf06fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV