くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

第二大川水墨風(会津線)  

みなさん、こんばんは。
今日からプロ野球も後半戦に突入。わが獅子軍団も正捕手ホソカワが三ヶ月ぶりに復帰。
期待していたのですが、金鷲のイワクマに苦戦しています。なんとか勝ってちょ!!
なんて思っていたら、虎さんから戴いたタイヨーくんが被弾。負けちゃったぁ。

久方ぶりに会津若松・喜多方に出かけたくろくま、すっかり感傷的になってしまいます。

くろくまが汽車を取り始めたころ、只見線といえば、小出―大白川の呼称でした。
冬場は大雪でラッセル・キマロキが毎日のように走っていた路線。そんなイメージかな。
では、今の只見線は何と言ってたかといえば、会津只見線、あるいは会津線只見方。
そして西若松―会津滝ノ原が会津滝ノ原線、もしくは会津線滝ノ原方と呼ばれていたんです。

現在の只見線(小出―会津若松)になったのが、昭和46年(くろくまの蒸機デビューのころ)。
みなさんがよくご存知の本名・会津越川・会津大塩・会津塩沢各駅の新設は昭和40年です。
会津川口から只見まで延伸したのが昭和38年ですから、この区間の蒸機運行って
国鉄として一番遅い蒸機導入(最後の蒸機運行路線?)だったのではないでしょうか。
ちなみに無煙化は昭和49年10月末日でした。

磐越西線や只見線は復活蒸機で賑わっていますが、思い入れの強いのは会津線です。
いまは会津鉄道として、野岩鉄道・東武鉄道鬼怒川線と乗り入れをしていますよね。
滔々と流れる只見川とちがい、大川の流れは速く、幾多の景勝も点在していた路線です。

この路線のハイライト区間といえば、何といっても現在は湖底に沈んだ桑原―湯野上でしょう。
この区間には第一から第三大川橋梁がありました。第一は長~いガーダー橋。
第二、第三はアンダートラス橋梁。無人駅の桑原は、ぼくらの宿泊地でもありました。

第二大川水墨風(会津線)
今日のアップは第二大川橋梁です。本来は紅葉の時期に行ってみたかった場所でした。

煙もない写真ですけど、この渓谷、素敵だと思いませんか?
30年くらい前なら、よく見かけた写真でしょうが最近はさすがに見かけませんね。
不快指数の数値が跳ね上がるこの時期、一服の清涼剤となってもらえたでしょうか。

1974年2月か3月(不明)
Nikomate-FTn 50mm f1.4 Neopan-SS ASA100 MicroFine 20℃ 9.5min
COOLSCAN5000にてScan 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております。
 ポチッとしていただけると涙が出ます。本日もよろしくお願いします!!
関連記事
コメント

くろくま様 ここ第二で撮影してかけっこして、第三大川で撮影したのが73年の秋でしたよ。
 その頃桑原で泊まるか郡山まで戻ってました。
EF57牽引の125レで行った事もあったなぁ 何しろ近かったので小旅行にはぴったりでした。
でも雪の時期は只見だけだったなぁ 
大内宿に訪問したのは蒸機が無くなって暫く経ってからでした。

koppel-2 #- | URL
2009/07/28 22:47 | edit

会津線!
のどかでよかったですね。
とくに渓谷美はピカイチでした!
山村の秋を描こうと、柿の木とわらぶき屋根を求めて歩きまわった日もあります。
同業者にもあまり会わなかったので、のんびりと撮影できましたね。
もっとも出来映えは……?

磐西デビューは撃沈だったようですが、新規開発を狙うパイオニア精神はさすが!
次回、期待できそうですね(^^)
とはいえ、夏山、何がひそんでいるかわからないので、無理は禁物ですよ。

まこべえ #XyK7eUGw | URL
2009/07/29 21:57 | edit

会津若松に喜多方…
すっかりくろくまさんのノスタルジーゾーンへの再訪となりましたね。
35年からの歳月が経ち、ある種の感情と思い入れが沸き起こっているのでしょうね
そんな心の原風景での玉砕はさぞお辛いものがおありで…(呑んで忘れたって?)

さてさて、画の方
いやぁ~すばらしい眺望ですね!雪の白と岩肌の黒が絶妙な按配で
正しく水墨画の世界ですね。こんな世界を見ちゃうと
「冬季運行」でこのような景勝地を走らせてほしいものですよね。
ジメジメムンムンの中、清々しい気分と清涼感を頂きました~ありがとうございます

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2009/07/30 00:54 | edit

koppel-2さん

はい、わたしも第三まで駆け足しましたよ~。
ですから、ここではじっくりとは写せませんね。
桑原の駅や村落も懐かしいですね。
給水塔がありましたっけ。

長期休暇時の遠征が多かったので、近場はあまり行っていません。
いまにして思えば残念無念です。

大内宿、いまだ未訪の地であります。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/07/30 17:35 | edit

まこべえさん

桑原では幾度か泊りましたけど、撮影したのは、上三寄・桑原・湯野上・弥五島くらいかなぁ。
本当は荒海とかにも行きたかったんですけど。
同年代の連中と自炊して駅寝のときは、夜遅くまで話がはずみましたっけ。

只見線には客レが走っていたので、滝ノ原方は空いてましたね。
「塔のへつり」も観光客は閑散だったような気がします。

そのうち、貴ブログにも会津・只見が登場するのでしょうね。楽しみです。

磐西デビュー、すっかり笑いネタになっちゃいました。
次回は期待しないでください!! 絶対に(笑)

夏山、なにがひそんでいるのだろう? 怖い、怖い・・・。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/07/30 17:56 | edit

ひぐま3号さん

玉砕は慣れっこですから、ちっともつらくはありませんよ。
うまく撮れたときに一気に挽回できますからね。
へへっ、挽回再戦なんちゃって!!
↑おっ、これ次回のタイトルに使おうッと。

フジのフィルムでしたが自家現像のSSということで階調が出たのだと思います。
モノクロの濃淡がくろくまもお気に入りなんですよ。
清涼感を感じていただけましたか。よかったです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/07/30 18:01 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/585-f6247ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV