くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭住を駆ける  

東京の桜開花は27日ころだといいます。
昼休み、公園で文庫本を読むのが楽しくなってきました。
陽だまりはもう春です!!
炭住を行くD51

50年3月25日、函館本線支線、上砂川線の鶉近辺です。
夕張の古めかしい五角屋根の炭住とちがい、青や赤のスマートな炭住です。
砂川を出て、下鶉、鶉、東鶉ときて、終点の上砂川にたどり着きます。
後年、悲別として脚光を浴びた駅ですよね。
D51の黒煙がいつまでもいつまでも漂っていましたっけ。
俯瞰ではありませんが、くろくまの好きな写真です。
関連記事
コメント

♪遠くで汽笛を聞きながら~って歌いたくなる画像ですね
北海道の公営住宅ってこんな感じだったのですよ。
私も幼少の頃、一時この建物とそっくりな住居におりました。
画像を拝見して凄く懐かしくなりました!

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2008/03/07 00:57 | edit

とても美しい街に感じました。
ひぐま3号さんも、そういう住宅にお住まいだったとは。
近所づきあいとか微笑ましいものがあったのでしょうね。

自然の風景もいいけれど、ヒトの息吹が感じられる写真が好きなくろくまでした。

くろくま #kMYKu1PE | URL
2008/03/07 19:17 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/60-318dd640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。