くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

雪のなかのセキ(上砂川支線)  

皆さん、こんばんは。
今年の蒸機運行もそろそろおしまい。寂しくなりますね。
磐西のクリトレに行く根性も資金もないくろくま、今週末が撮り収めかなぁ。
土曜日は出社。日曜日は昨年に引き続きのオフ会を予定してますが
えっ!! 寒いの? おまけに午後から雨・・・。
へへへっ、ラッキー。白煙ゲットだぜぃ(←メンバー集まらなかったりして)。

今日のアップは現役蒸機の晩年、昭和50年3月の上砂川支線。
上砂川支線というのは函館本線の支線の扱いでした。
砂川、下鶉、鶉、東鶉、上砂川と駅はこれだけでしたが客扱いをしていました。

大正15年に開業した7.3kmの路線。1992年4月に廃線となりました。
同じ砂川からの路線に歌志内線がありますが、こちらは14.5km。
明治24年開業ですが、廃線は1988年と上砂川支線より早かったんです。

雪のなかのセキ(上砂川支線)01
ここは上砂川の手前、東鶉寄りの場所です。
この日はあいにくの天候、丘の上からの画像もありますが沈没でした。
上砂川のヤードはかなり広いので、この辺りから線路際にはスペースが。

雪のなかのセキ(上砂川支線)02
長~いカラセキが少しずつ見えてきました。
線路も煙もはっきりしませんが、だんだん近づいてきています。

雪のなかのセキ(上砂川支線)03
雪のなかでは走行音がかき消されてしまいます。
線路を歩いていて危ない目に遭ったことも再三です。
でも、ここまで近づいてくれば分かります。

雪のなかのセキ(上砂川支線)04
終着駅間近。最後の力を振り絞る姿、頼もしいですねぇ。
このあとは、ヤードで入れ換え作業を行ない、転車台で方向転換。
石炭満載のセキを牽いて戻っていくんです。
この単純作業を一日数回繰り返したのは滝川機関区のカマ。

はいっ。今日はD511127ということで、語呂合わせでした。オソマツでした!
そういえばこの上砂川、ドラマで有名になった悲別のモデルでしたねぇ。

1975年3月25日 東鶉―上砂川
Nikomate-FTn 35mm f2 Plus-X ASA125 Microdol-X 1:3 24℃ 9.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ポチッとさわやか く~ろくぅーまぁ~↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
関連記事
コメント

 くろくま様 1127なんて撮影したのかなぁ 覚えていないなぁ
自分は上砂川線の雪景色は砂川周辺しか撮っていないです。
終点へは最後の夏に初めて行きましたっけ。 本数も結構あったのに勿体無い事をしたなぁ 文珠の丘の上で上砂川線の汽笛は随分聞きましたよ。 悲別ってギバチャンが『おっぱい おっぱい』って叫んで駅を駆け回るシーンが想いだされますが、キハ22が悲しかったですね。蒸機だったらなぁ もっと想い出深いドラマになったのにね。

KOPPEL-2 #- | URL
2009/11/27 22:57 | edit

くろくまさんにしては珍しい線路端での連続カット!
しかし、ここまで近づいてくれば分かります、って、こんなに近づいてから気がついては、遅いですよう(^^)

たしかに雪の日の線路歩きは、とりわけ神経を使いましたね。
今と違って有人駅ばかりだったので、出発前に臨時を含めて時刻を確認できましたが、吹雪になると、すっーと音もなく近づいてくる感じでしたね。

それにしてもこの写真、横殴りの吹雪ではありませんか。
見ているだけでも寒くなります。
最後のカット、機関士さんが身を乗り出していますが、この吹雪のなかで写しているのは、どこのくまさんだと思ったのかな(^^)

日曜日は気温も下がるようなので、高見でプハーとはいかないようてすが、風邪ひかないようにね。

まこべえ #2XsKFzVg | URL
2009/11/27 23:57 | edit

くろくま様、おはようございます。

現役時代の雪景色、線路端でも良く見えない様な横殴りの吹雪、最近ではあまり聞かなくなりましたがやはり温暖化なのでしょうか?

数年前の磐西クリトレ、C57故障に伴って急遽のD51登板、日出谷のカーブでは横殴りの吹雪の中を濛々と煙を吐きながら通過して行った姿を思い出しました。

今冬のクリトレ、雪は有るのでしょうかね?自分も行けそうに有りませんが...

JUMBO@磐田 #- | URL
2009/11/28 06:40 | edit

D511127は滝川でカラー撮影していたのですがDDしておらず
語呂合わせパスしちゃいました~
くろくまさんには珍しく手動ドライブの連続コマ貼りって、誰ぞの影響(笑)
先般、ニセコでの雪中撮影では返しのドナドナをこんな感じで撮ってまして
お蔵いりかなぁ~って思っていたのですが、この画を見て「使えるかも?」な~んてね
その内、ネタ切れの時期にご開帳しますよ~ん。
膝くらいまでの雪の中を歩いて進むって結構体力を消耗するんですよね~
この撮影の後、きっと登山靴を駅のストーブで乾かしたのではと想像するひぐまでした。

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2009/11/28 22:09 | edit

koppel-2さん

滝川のカマだから、きっと写してますよ。
本線でいえば、一駅区間しかない路線ですから場所はあまりありませんでした。
歌志内では焼山~文珠が山の中でしたが、こちらはずうっと炭住風景。

いまとなっては悲別になってるのでしょうね、沿線は。
さて、これから煙会に出撃です。
白煙に期待を込めておりますよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/11/29 06:15 | edit

まこべえさん

この雪では線路端に降りてくるしかありませんでした。
雪の中の静寂は神秘的であり、恐怖感もありましたね。
とくに留萌線や深名線のような豪雪地帯では雪の壁があって
退避できない状況にありましたので、列車が来るのがこわかった。

ところで、画のなかの電柱の上の「鉄」、お気付きになりましたか。
くろくまもアップして初めて気づきました。
よくもまあ、あんなところから・・・。

さて、そろそろ出発の支度です。
天気予報では曇りながらも何とか雨は避けられるかなぁ。
行ってきま~す!!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/11/29 06:20 | edit

JUMBOさん

おはようございます。

くろくまの現役北海道時代のネガをたどってみると時折、空白が生じています。
原因は降雪による高みからの失敗・・・。
あるいは列車の遅延で撮影できず・・・。
今となっては旧き佳き想い出です。

それに今では寒さにめげて、駅のストーブにかじりつき、でしょうね。
今日は崎平あたりの白煙が美しいのではないでしょうか。
あれっ、雨だったりして・・・。

クリトレは無理でしょうが、上越がもう少し走ります。
ひそかに前回のリベンジを考えておりますです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/11/29 06:26 | edit

ひぐま3号さん

はははっ。貴ブログの手動モードラの影響ですよ。
こんな雪のなかでは、単独では走行写真に見えませんからね。
でも、復活蒸機ではつまらないかも、ですぞぉ。

当時の駅のストーブとたくさんあったキオスク、ありがたかったなぁ。
今では無人の駅ばかり。寒さはしのげても暖まることができませんね。

さて、そろそろ布団を出て支度しなくっちゃ。
本日が佳き撮影&煙会日和でありますように・・・。
それでは現地でお会いしましょう!!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2009/11/29 06:31 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/711-6adaa54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV