くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロマ湖畔のキューロク(湧網線)  

皆さん、こんばんは。
福袋が売れているそうですねぇ。最近は中身がわかる福袋とか。
これってどうなのかなぁ。何が入っているかわからないけど買う。
袋を開けば殆どが不要なもの、だけどとっても素敵なものが1~2品。
そんなのが本来の福袋とちがいますか?

プレゼントだってそう。要らないモノをもらっても困るんだよねぇの前に、
「これを贈ったらよろこんでくれるかなぁ~」って素敵なこころがあるはずだよね。
横並びのマニュアル化、数値化の昨今、疑問を感じているくろくまです。

サロマ湖畔のキューロク(湧網線)
さて、ネタ切れのくろくま、今日はまこべえさんに引っかけてのアップ。
湧網線、計呂地―浜床丹は当時のお立ち台。鉛色の空と赤茶けた枯れ木のコントラストが好きでした。
一日一往復のローカル線ゆえに、この路線を訪れる人はまばらでした。
超ローカル盲腸区間、中湧別―湧別で撮影された画を見たことがありません。
どなたか撮影された方はいらっしゃいませんか?。
中雄別での早朝、定食屋で食べた朝定食。数の子がてんこ盛りでした。

1973年12月26日 湧網線 計呂地―浜床丹
Nikomate-FTn 35mm f2.8 K-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

今日は仕事始めでした。昼食は味噌ラーメンでしたが、ついビールを頼みそうになりました(笑)。
※誤字がありましたので訂正しました。
関連記事
コメント

 くろくま様 中湧別 訂正しておいた方が・・・自分も中湧別の駅で平たいチョーヤの缶詰をストーブの上にのせて暖めていたら、そのうちバーンと音がして中身は天井に張り付きました。 2・3分ほどで真下のストーブの上に落ち今度はジュージュー焼き味噌鯖になりましたよ。仲間で箸でつついたのは言うまでもありませんが、音といいその光景は今でしたら投稿の対象でしょうね。   計呂地はいかなかったなぁ いいカーブの築堤ですね。 そう云えば友人のSさんは夏にボートでオホーツクから撮影してましたねぇ。 自分もそうですけど余り効率とか気にしないで撮影していた気がしますね。 そういゃS50年1月 若里乗降場で撮りましたよ。 計呂地で切手になったトラ塗りの9600の写真はM澤さんのもので(滝谷のC11や礼文華のD52も)したね。 未だに未使用で何枚かありますよ。 鉄道研OB会で氏をゲストに呼んで講演をして頂きまして、お礼に煙室扉に氏の御尊顔を貼り付け『機関車コーマス』だなんていう切手創りましたっけ。まだ持ってるかなぁ。

koppel-2 #- | URL
2010/01/05 23:16 | edit

広角撮りできましたか(^^) さすが、くろくま流。
まこべえは、たぶん105㎜でした。

この場所で、広角を使うかどうかは、手前の電線を気にするかどうかがひとつのポイントだったと思いますが、曇天だったこともあり、あまり目立ちませんね。
こうして中望遠の写真と見比べると、標準ぐらいがちょうどよかったのかな、と思います。

1日いても往復1本しか撮影できない(しかも運休もある)ローカル線でしたが、それでも魅力あふれる路線でした。
できれば通いつめてその魅力をもっと引き出したかったなあ。

名寄支線の湧別は、さすがに行けませんでした。
撮影しているとしたら、地元のかたでしょうね。

まこべえも、きょうの午後から仕事始め。
そろそろ出かけなくっちゃ。

まこべえ #2XsKFzVg | URL
2010/01/06 11:18 | edit

ほらほら、またまた、無い無いなんて言いながらこうして
おったまげ~の画を出してくるんだから、やっぱり狼クロだなぁ~(笑)
それにしても、いい色塩梅で、これぞ北寒の地と言わんばかりの色合い
左の幹がくろくまさん流って感じでいいですね!
広角のこうした秀作を魅せられると、ウズウズしちゃうひぐま。
次の撮りでは「一丁広角使ってやろうじゃないの~」と思うものの
適するロケーションに出くわすのかどうか?真岡じゃないなぁ・・・ってね。

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2010/01/06 21:03 | edit

Koppel-2さん

毎度ご指摘ありがとうございます。
何といってもいい加減なくまですのでお許しください。

あの武勇伝の駅は中湧別でしたか。懐かしいはなしですね。
この場所は駅からも近く、歩いていくと勾配とカーブがよく分かる場所。
編成は短くてもそれなりの煙を吐いてくれました。

機関車コーマスの切手は見たくないなぁ。

ところで、J. レノン博物館、今年いっぱいで閉館ですって?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/01/07 17:31 | edit

まこべえさん

まこべえさんの画をみて、100ミリ前後だと思いました。

手前の電線、とっても気になりましたがモノクロは135ミリでかわし、カラーでは引いてみました。
標準だと、カマ位置が難しかったかもしれませんね。

湧網線は現役時代、都合3回出向いています。
昭和50年のラストD51241の後、湧網線、池北線、士幌線の乗り鉄をしたのが懐かしい思い出。
それだけ思い入れのある鉄道風景でしたよね。

中湧別―湧別は、ただの平原だったような気がします。
でも見てみたいものですね。

お仕事、頑張ってくださいね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/01/07 17:42 | edit

ひぐま3号さん

その狼クロってのやめて(笑)。知らないヒトが聞いたら本気にしちゃう(爆)。
本当にもうアップアップの状態なんですよ。助けてくださいな。
と、いいつつもひぐちゃんも苦しんでいるご様子。
互いに傷を舐め合うしかないかなぁ(←こんなコト書くと突っ込まれそう!!)。

この画もKIIで撮っておいてよかったと思ってます。
この色合い、記憶の中の道東の色なんですよ。

その道東にまさかキツネ狩に疑惑の出張っすか?
あやしい、あやしい・・・。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/01/07 17:47 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/750-3b2139be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。