くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

降雪の高みは散々(函館本線支線)  

皆さん、こんばんは。
昨日の寒さに懲りて、今日の外出はありません。
梅の季節になれば、トレッキングシューズの慣らし運転に顔振峠でも行こうかな。

今日のアップ画は一昨日と同じ、昭和49年12月26日の上砂川支線のもの。
当日は降雪があり線路端での撮影となりましたが、やはり高みにも行きたい。
そんな訳で上砂川でプチ俯瞰をしたのですが・・・。

降雪の高みは散々(函館本線支線)
望遠レンズで雪の舞う蒸機を狙うとご覧のような結果に・・・。
この手の失敗を何十回積み重ねてきたことか(←学習機能がない)。
でもねぇ。しんしんと冷えた高みで汽笛と煙を確認した瞬間の高揚感。
これって、たまらないものなんですよ。

1974年12月26日 東鶉―上砂川
Nikomate-FTn 135mm f2.8 Plus-X ASA125 Pandol(1:1)21℃-7min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

しかし、プラスXをパンドールの希釈で現像してるなんて無謀だなぁ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ブログランキングに参加しています。
 ポチッと応援、よろしくお願いいたします。


「冬の湿原号」3/7までかぁ。行きたいなぁ。行けないだろうなぁ。
関連記事
コメント

 くろくま様 プラスXをパンド-ル希釈ですか 試した事ないなぁ
でもパトロ-ネにどんな状況で撮影したかメモしてたのでしょうね。 だから
吹雪の中パンド-ルの解析力?に期待したのでは・・・
 自分は現役蒸機以降本格的にフィル現に入っていったので撮影から帰ってくると何処で撮影したかはパトロ-ネでは判らず、 肉のりし過ぎたネガを量産してましたよ。
74.12/26って何してたかなぁと思いメモを開いたら、忠類で俯瞰でした今年の年末で36年ですかぁ とすると今は35で好きな数字なんですよね。 自分はこの様な吹雪の画像が余り無いから根性無で待合室で温まっていたんだろうなぁ

KOPPEL-2 #- | URL
2010/02/07 18:49 | edit

くぅぅぅぅぅ! 寒そうな画ですね!
本格的な雪の中で写真を写したことがないのですが 靴はどんなのがいいんでしょうか?
結局長靴がいいのかな・・・?

今日はこちらでは北びわこに行かれる方が多かったようです。
朝起きたとき天気が良かったので行ってみようかなぁ~って思いましたが 名神が雪のため通行止め!
どっちみちスタットレスはいてませんし 行けませんでしたけど・・・

うなぎは関西では商人の町なので腹開きですが 関東では武士の切腹に繋がると言うことで 背開きなったと言われています。
あと 名古屋ではお櫃まぶしってのがあるじゃないですか!
あれ 最後にお茶付けにしますが 私はどうも苦手!
ウナギの油が台無しだと思うんですが・・・(笑)

宮 #ogz9v/Dw | URL
2010/02/07 22:02 | edit

雪中の奮闘って感じが伝わりますね~
さぞや、寒かった&機材が雪で凍える状態だったでしょうね
今でこそ、使い捨てカイロなんかがありますが当時はそんなものも無く
有ってもベンジンを炊く白金カイロでしたものね。
もっとも、寒さをガマンするのは本人だけで、機材は機械式ゆえに
電池に頼ることが少なく、酷寒でもフィルム切れさえ気をつければ
良かっただけですが、その点、今の機材はバッテリーの低温時能力が
問題になってしまうし、結露なんかしちゃったらアウト~ってことも
そう考えると、当時の機材は根性が座っていたって感じですよね(笑)
当時モノの雪とカマのコラボを見ていると、釧路に行きたい~っ!て
沸々と湧いて来ているのではないのでしょうかねぇ~

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2010/02/08 17:56 | edit

koppel-2さん

低感度フィルムにはMFやMXが基本でしたが、在庫切れだったのでしょうね。
撮影後のネガにはマジックで日付を記していました。
現像は4本用、2本用、1本のタンクでしたから、組み合わせも大変。
とにかく、焦って現像したので失敗も多かったですよ。

貴殿の「肉乗り」は、通常パターンだったですね。
でも、あの肉乗りが立山砂防など独特の描写になっていたような。

この日が忠類俯瞰の日でしたか。
道東は晴れていたのですね。行けばよかった(笑)。

明日からの台湾遠征、くれぐれも日本の恥にならないように!!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/02/08 21:11 | edit

宮さん

ネットで車のオークションをやってるんですって?
なにやら伍長がクレームをつけているようで・・・。

えっ、靴? 北海道の新雪には道内で売ってるゴム付き長靴が最高。
本州や春の北海道なら登山靴+スパッツがいいですね。
スノトレは楽なのですが耐久性が・・・。

腹開きの蒸しうなぎでも、二段重ねの誘惑はありますねぇ。
「ひつまぶし」も「みそかつ」も未体験です。

早くお会いして「寒~い高み」にビールを運んでもらわなくっちゃね。
右手の人さし指と中指が疼いて仕方ないねん、どうにかしてぇな。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/02/08 21:22 | edit

ひぐま3号さん

渡道するたびに祖母が白金カイロを持たせてくれたのですが、殆ど使用しませんでした。
気温の目安は「鼻が凍る」-15℃が目安でした。
雪の多い内陸部より道東の方が体感的に寒かったと覚えています。

機材に関しては、露出計は内蔵のものが頼りだったんですよ。
でも、すぐに針がふりきれちゃって・・・。あとは勘でしたね。
手動モードラも、早く巻き上げればパーフォレーションが切れちゃうし。

それでも懐かしい思い出ですよ。
メタ(怒るかな?)キツネと一緒に湿原号撮って
福司とホッキ貝、花咲ガニで呑みたいなぁ。聴いてる? メタギツネさん。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/02/08 21:39 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/783-93145f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV