くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

当時の撮影態勢(渚滑線)  

皆さん、こんばんは。
今日はお月さまと火星が接近する写真が撮れるはずだったのですがあいにくの雨。
残念です。

何をアップしようかなと考えましたが、35年前の撮影状況にズームイン!
ここは渚滑線、十六号線乗降場の近く。

こんな感じで撮ってました
三脚はスリックのマスター(ヨド◎シバージョン)、
パン棒の丸い木球ハンドルに特徴がありましたね。
プレートを付けてNikomat FTn が2台。広角を付けた1台と
ロアーを噛ませたCanon7?とはダブルケーブルレリーズで結ばれています。
フリーターン雲台もすでにカバーが取れちゃっています(笑)。
思うに望遠(135mm)をつけたカメラが手動で、他は一瞬に賭けてたのかな。

これを撮影したNikon-Fも存在してますから、どう撮ったかよく覚えてません。
今ではとてもできない4カメ態勢だったようですね。

中渚滑でのキューロク
そのときに写したカットがこれ。
手持ちのカメラでのカットかと。マイナーな撮影地。
でも雪の中の白煙が表現できたかなぁ、って気に入っていたりします。

1975年3月14日 十六号線―中渚滑 
Nikon-F 35mm f2.8 Pulus-X ASA125 Microdol-X 1:3 24℃ 9.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
―ブログランキングに参加しております―
関連記事
コメント

見上げたもんだね カメラと三脚

 くろくま様 上の画を初めて見せて貰った時、ロア-に据付けたRF機はNikonSかと思ってましたよ。
7と聞いて驚いたもんです。 当時はまだまだRF機も現役で販売されてましたし、自分は未だに一眼レフよりも好みかな。

タクヤ君も大きくなったろうなぁ なんかのきっかけで お逢い出来たら 相当 感動しますよ。

誕生日の本日 天候不順で体育館でサ-キットトレ 兎跳びしてたら、20世紀の練習方法だって・・・

『♪思いこんだら 試練の道を・・・』でサタデーナイトを過ごした世代にとっては、根性優先でモウ-メントなんて意識しませんでしたが・・・

しかし其の根性も長続きしませんねぇ。

大人の休日クラブ活動ではくろくまさんの先輩だけど
夜学の部活動では年下の上級生についていくのがやっとですよ。 新人戦 プレイできるかなぁ?

koppel-2 #- | URL
2010/05/20 22:32 | edit

うぉー35年前に4カメでやっていたとは...
しかもずーっとSLなんですね
NIKON F(F2だったか)は中学の時の友達がもっていてうらやましかった覚えがあります。

アホキ #- | URL
2010/05/21 00:18 | edit

Koppl-2さん

屋根屋のふんどし、デスネ!!

RF機でパンフォーカスってのが好きでした。

タクヤ君、聞かん坊の顔してましたね。
鉄道がなくなっても沿線にお住まいでしょうかね。
札幌とかに出ちゃったんじゃないかなぁ。
台湾での貴殿の出会いも懐かしかったことでしょう。

兎跳びが身体に悪いって初めて聞いたときは憤りを覚えたものです。
グランド3周とかやってましたからね。

倶楽部活動は力まないようにしてね。
われわれの年代、転ぶと骨が折れますから。

今日から獅子はドラ退治です。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/05/21 17:32 | edit

アホキさん

はいっ。むかしから懲りない奴でして・・・。
4カメはこのときだけです。

このときはRF機にはミニコピー、望遠にはプラスX。
広角はPLをつけているのでコダクロームIIが入っていたんだと思います。
ということは手持ちのFにはトライXでしょうね。
モードラもなく、ピントも手動合わせなのによくやりましたよねぇ。

蒸機しか写さなかったのは勿体ないと言われますが気にしていません。

ところで、Fって裏ぶたを外してフィルム入れるんですよ。ご存知でしたか?

イノテツさんが只見に行かれるそうで羨ましいです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/05/21 17:37 | edit

涼しいなぁ!

おっ!ここはカメラの総合商社だ~っ(笑)

ひぐまも「クリスマスツリー」と揶揄された645が2つにX700&XEの35ミリ2台おまけにVTRって締めて5台なんてことも…懐かしくなっちゃった~
で、渚滑のキューロク、あの盲腸線でこの荷とは、栄光の国鉄時代してますよね。
こう暑くなると雪景色は一服の清涼剤みたいで嬉しくなっちゃいますね~

ジャストポイントで纏めた切り方に動物的な勘を感じちゃいますよ。お見事で~す。

総合商社「疑」ひぐま #- | URL
2010/05/21 17:46 | edit

輪カン、それともオーバーシューズ?

当時の4カメに感動しつつも
私めは、この丘へのくろくまさんの
フットギア(足元の装備)が気になります(笑)。
結構、雪が深そうですもんね。

輪カンでしょうか、それともオーバーシューズ?
実は国道沿いだったとか(笑)。
くろくまさんのことですから
決死の雪中行軍をされたのだと拝察いたします。

アンギュロン #- | URL
2010/05/21 18:00 | edit

生き残り?

え”!!
八甲田雪中行軍遭難生き残りがここに居ると聞いて
駆けつけますたっ!
(@@;)

くろくまさん、ご無事でなにより。
m(ーー)m


あら?
ぼうえんきょ!!
ぼうえんぎょ!!
http://comiya.net/fish/order/hime_mc/bowengyo_ca/bowengyo.html

持ってるじゃないすか!!
いいなぁーいいなぁー
(T0T)

ぶんちゃん #- | URL
2010/05/21 23:16 | edit

疑ひぐま3号さん

はははっ。
5台も操ったことがあるんですか。
まさにマジシャンですね~っ。

くろくまのカメラたちはレンズも含めて皆
汎用品ばかり。今とおんなじです。
高級レンズが欲しいなぁ。

渚滑線の長~い貨物列車。
ホント、栄光の国鉄時代って感じ。

こんな構図も大好きでした。
北海道のローカル線って皆こんな感じでしたよね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/05/22 08:44 | edit

アンギュロンさん

ありがとうございます。

当時は基本的に登山靴+ショートスパッツのみでした。
カンジキは使用しておりませんし、オーバーシューズも未使用でした。

ってコトは専らラッセルって・・・。

雪深いっていっても腰までくるような場所には登ってませんよ。
どんなに寒くても上まで行くと汗びっしょり。
心地よい眺めでした。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/05/22 08:47 | edit

ぶんちゃん

火星は見つからなかったようですね。

死の彷徨はなかったですが
雪庇を踏み抜いて谷底に落ちかけたことはあります。
ホントに死ぬかと思いました。

でもね、くろくまみたいな嫌われ者って結構しぶといんですよ(笑)。

>ぼうえんぎょ
笑ろた笑ろた・・・(爆)。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/05/22 08:50 | edit

>ところで、Fって裏ぶたを外してフィルム入れるんですよ。ご存知でしたか?

知りません、若いですからw


>イノテツさんが只見に行かれるそうで羨ましいです。

昨日電話したら心ここにあらずでしたw


今日これからJUMBOさんと会いに
草薙に行ってきます。
ご紹介いただきありがとうございました
m()m

アホキ #- | URL
2010/05/22 12:46 | edit

アホキさん

歳をサバ読まないでくださいね(笑)。

せっかくの大井川なのに雨みたいですね。
俯瞰には厳しいようです。

お気を付けて・・・。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/05/23 07:35 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/886-98dfa42a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV